« ルール | トップページ | ウラン先物 »

横浜FCvs鹿島(TV視聴後)

某夫婦とそのご友人に観戦&懇親会をご招待されていたのですが、体調不良で断念。嫁さんだけ現地入りし、私は家でTVを見ます。
しかし、TBSって地上波もCSも同じ内容。14時からしか始まらないし、アップが多くて展開が良くわからないし、HTはCMだらけだし、CMから戻ってきたら既に後半は始まっているし、終了後はさっさと放映終了になるし。やっぱりいつも通りスカパー単独の方がいいですね。まあ、加藤あたりを副音声に閉じ込めてたし、解説は金田だったので、これでもマシな方ですが。

ジェフ戦と違い、横浜は真ん中で比較的自由に動けます。しかし、序盤を中心にクロスやCKの精度が良くなく、あまり得点の匂いがしません。今日はカズがCKを蹴っていましたが、TBSモードなのでしょうか?

最初のうちは横浜は守備面でもオフサイドも取り、まあまあの滑り出しですが、次第に裏をとられていきます。何度かGKと一対一の局面を作られますが、今の崩壊寸前の横浜を支えるのは菅野、飛び出しの巧さではじき返したり、最後まで落ち着いて見てのセーブなど、相変わらずの神ぶりです。

しかし、いかに菅野が失点確率の低いGKでも、アタックされる回数が増えてしまうと、なかなか失点せずに済むという訳にはいきません。低い位置でファール気味に山口が奪われて2対3の形を作られてしまい、フリーの柳沢に渡り、万事休す。さすがに柳沢でも、何度かに一度は決めます。というか、今日の柳沢は結構効いていたような。

結果として山口が失点の基点となってしまいましたが、攻撃時の基点としては機能していたように見えました。守備も巧いのですが、ジェフ戦のようなスピードで振り切られたり、横浜の選手も少々無理筋でもボールを預けたりで、一般的な印象は悪いでしょうね。

攻撃は前半序盤こそそこそこでしたが、基本的に鹿島と比べてもカウンターのスピードに乏しいです。久保が久しぶりの先発でしたが、失点直後のヘディングシュートや前半終了直前のオー場ヘッド、後半の競い勝ってカズにラストパスしたシーンなど、彼個人としては状態は悪くなかったように見えました。そのパスを受けたカズの、GKの脇を狙ったシュートも惜しかった。
そうそう、後半10分頃に山口が切り返してもらったファールがありましたが、シュートを見たかったです。交代前のシュートはコースがなかったですね。

たった1点のビハインドなのですが、負け慣れてきたのでしょうか?選手交代ものんびりだし、ナビスコにほぼフルメンバーを出し疲れているはずの鹿島に、ピッコリ度高めで休養を入れた横浜が、運動量で勝てません。暑さの影響なのでしょうか。判断が遅いのか、攻撃面でも「もったり」した感じを受けました。
まあ、端的に言えば「ぐだぐだ」な試合。

菅野の大活躍があり、前半終了間際のラッキーもあり、不調鹿島はわずか1点しか取れませんでした。勝ち点を稼ぐには、こういう試合をものにしていく必要があります。しかし、今の横浜は点を取ることが至難の業、リーグ戦で6戦3点、一試合当たり0.5点計算です。
しかも、ジェフといい、鹿島といい、無勝で苦しんでいるチームを助けてしまう「エンジェルチーム」と化しています。飛ぶ鳥を落とす勢いのトップグループに負けるのであれば諦めもつきますが、降格ラインのチームを助けたのでは、どうにもなりません。

もちろん、これがこのチームの実力でしょう。何だかんだ言っても、個人の力量差は顕著です。しかし、大量失点の川崎戦・ジェフ戦以外のリーグ戦は、全て1点差の勝ち負けです。1点差の負けを引き分けに持っていく、そこまでなら、このチームでも実現可能な目標じゃないでしょうか。むしろ、それがこのチームのカラーではなかったでしょうか。
今までの選手コメントなどを見ていると、底上げできる可能性を感じますし、怪我人もそのうち戻ってくるでしょう。また、チームも補強に動いているようです(初期選手数から考えれば当然ですが)。今は、それらの効果が出るまでの我慢の時期でもあります。それまでの、当面のポイントである東京戦・甲府戦・神戸戦あたりでは、なんとか勝ち点を積めるよう、選手・スタッフ共々あがいて欲しいところです。

|

« ルール | トップページ | ウラン先物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/14675712

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FCvs鹿島(TV視聴後):

« ルール | トップページ | ウラン先物 »