« オールスターゲームが松山開催 | トップページ | マリノスvsジェフ(TV視聴後) »

ガンバvs横浜FC(TV視聴後)

飛ぶ鳥を落とす勢いのガンバ。この屈指の攻撃力のチームが、守備的なチームを如何に崩していくか。勝敗は兎も角、なかなか興味ある試合です。ファールで止める傾向のある鄭容臺がFKを与えずに済むか、強力なガンバのサイド攻撃を如何に防ぐか、バレーやマグノのマーク、二川や遠藤の飛び出しをどうやって防ぐか。横浜にとっては難しい試合が予想されます。

試合が始まると、当然の如くガンバの猛攻撃。中央からの攻撃こそラインを下げずになんとか守備ブロックで抑えていましたが、特に横浜右サイドに襲いかかるガンバのサイド攻撃が止まりません。しかもクロスやパスの精度も高く、何度も菅野が最後の砦となります。

それにしても、この日の菅野は素晴らしかった。現地の満員のお客さんは、大半はガンバの応援だったでしょうが、この菅野のプレーを見るだけで元が取れたのではないでしょうか。22分頃PAに上がったボールをDFがお見合いしてしまいバレーの強烈シュート、27分の弾丸シュート、31分の左足一本でのセーブ、後半15分のバレーのシュートを左手指先などなど。守備範囲の広さと言い、素晴らしいGKですよ。ホント。これでPKを止めてくれたら最高だったんですけど、それは望みすぎでしょうか。そういえば菅野の場合、今一歩PKで止めている印象がないなあ。

しかし、いくらGKが良くても、24本も打たれては1本くらいは決められも仕方ありません。しかもガンバの場合、決定的なシュートがいくつもあったわけですし。しかし、GKの良さに対するプレッシャーなのか、代表組の疲れもあるのか、チャンスの多さに大味になったか、ツキがなかったのか。ガンバはシュートミスやポストに嫌われるシーンも多く、横浜にとってはある意味幸運な面も多かったとはいえそうです。

そのガンバの隙を突ければ面白い試合になったのですが、横浜はマイボールをすぐに失ってしまいます。この日のガンバは、攻撃は迫力満点でしたが、実は守備も結構精力的に見えました。前からのプレッシャーも積極的にかけており、横浜が最終ラインで慌てるシーンが多く、精度の低い長いボールでみすみす相手ボールにしてしまうシーンが多発します。

更に悪いのは守備時のミス。早川や和田が目立っていましたが、長いボールを足で処理しようとして、相手に奪われピンチを招きます。一対一なのだから、先に身体を入れるようなリスクの低いプレーをすべきだ、、、というのは素人考えなのかもしれませんが、やはり一対一で強い攻撃陣を抱えるガンバに、最終ラインでのミスを献上したのでは、自分たちの流れを作れなくなります。
ミスと言えば、橋本に2人が行ったにもかかわらず、フェイントに二人とも同時に引っかかってシュートを打たれたのも、大きなミスでしょう。さすがにあの距離は外しません。それまで何とか凌げていただけに、勿体なかったですね。

一方の横浜は、早川のインターセプトなど良いプレーもあるのですが、ガンバのプレッシャーも良く、どうしても1本で前に出したがります。ワントップの平本はきちんとマークされていますし、こぼれ玉も横浜の人数が少なく、なかなかマイボールにできません。またガンバはラインコントロールも良く、マイボールの頻度の割にオフサイドも多かったのではないでしょうか。

後半はガンバも疲れたのかまったりモード、そこそこ横浜も攻め上がれますが、ボールをもらってからの判断も遅く、中島のクロスがイマイチ他とあっていないなど、チャンスを生かせません。コーナーキックが0というのが、この日の状況を表しているでしょう。
そのなかで新加入の山田卓也が右サイドで競り勝ち、そこそこポイントを作れていたように見えるのが、今後の光明でしょうか。山田卓也が飛び込んでヘディングシュートしたシーンも、元は自分が頑張ってキープしたボールですからね。

1点ビハインドで終盤にさしかかり、このまま行けばあるいは、と思い始めたのもつかの間、太田がスライディングで相手を後ろから引っかけてレッド。相手が巧かったような気がしますが、足を上げて引っかけては言い訳の仕様もないわけで。まあ明日の横浜を担う太田にとっては良い勉強になったのではないでしょうか。

10人で2点ビハインドですから、まあ勝負は決まったようなものです。が、ガンバがあまりにもまったりモード。その中で、この試合イマイチ精彩を欠いていた内田がドリブルで頑張り、フリーの平本へ。
首位に対して1人少ない状況、そのなかで諦めず結果を出せた、この得点は大きかったと思います。内田にとっても、さらなる成長のきっかけになるのではないでしょうか。平本も、移籍後の初得点で、一つ気が楽になったでしょう。


ガンバは後半終盤の戦い方が課題でしょうね。あそこで最下位で1人足りないチームに得点されているようでは。ポゼッションして丁寧に、攻撃と言う名のボールキープができたら、鬼に金棒なのでしょうが。

横浜は、平本・山田卓也・根占が機能してくると面白そうですし、内田のこれからの成長も楽しみです。菅野・早川は安定していますし、退場したとはいえ太田も良くなってきました。
一方、あの局面では仕方ないとはいえ、奥が消えていたのが気になります。FKのシーンでもあれば印象が違ったのかもしれませんが、あれだったら秋葉でも入れていた方が今後に繋がったような気もします。

次節のCBはどうなるのでしょう。
普通に考えれば小村なのでしょうが、サブに秋葉が入ってたんですよね。ただ、早川と秋葉って相性が良いというイメージがないのが……。気のせいなら良いのですが。
次のジュビロ戦は動員もあることでしょうから、たまには横国でも良いところを見せないとね。

|

« オールスターゲームが松山開催 | トップページ | マリノスvsジェフ(TV視聴後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/15367914

この記事へのトラックバック一覧です: ガンバvs横浜FC(TV視聴後):

« オールスターゲームが松山開催 | トップページ | マリノスvsジェフ(TV視聴後) »