« アメリカにとって環境問題とは | トップページ | 最近の歌は……とお嘆きの貴兄に »

横浜FCvsジェフ(TV視聴後)

残留を賭けた試合、そして中断前の大事な試合。その緊張感をウルトラマンが中和しているようにも見えます。結構な人出で、43000人超と、横浜FC史上の入場者数。経営や選手的には良いのでしょうが、ただでさえ見にくいのに混雑してるってのは、個人的には最悪の環境ですな。まあ、空いていても行かないのですから、ぐだぐだ言わずに素直に喜んでおくべきなのでしょう。

この試合は、おそらく横浜の方がより重要度が高い、ということで、横浜視点でTVを見ることにします。しかし、またもやTBSですか。勘弁して欲しいなあ。気球船でも飛ばしていたのでしょうか、空中から撮影してましたが、実に無駄なことをするものです。そんなことより、試合の前後をきっちり放送しろと。

 
横浜は、前のスピードを意識した布陣。最終ラインは和田が帰ってきましたが、智吉は怪我なのかベンチ入りもしておらず、大舞台に弱い中島だけがDFのリザーブ。少々最終ラインのバックアップに不安の残るメンバーです。
といっても、じゃあ攻撃のリザーブが強力か、というとそうでもないところが何とも。確かにFW難波は良かったのですが、今日のジェフの出来でわずか1点のビハインド、高木監督のベンチワークを見る限りでは、リザーブ選手に対する信頼度の低さが推測できます。
……だからといって、ロスタイムに交代で時間を使う必要は無かったと思うのですが。

一方のジェフ、ストヤノフはもちろん、水本・下村がいないという緊急事態。勇人はぐるぐるテーピングの強行出場、スリル満点のリベロ中島、横浜苦手の新居はベンチスタート。横浜としてはチャンスだったのですが、結局1点差の状況にもかかわらず、ロスタイムまで黒部・新居を温存し、今リーグ初出場の2名を試す采配をアマルは選択します。要するに、横浜はなめられており、しかも残念なことに注文通りの勝ち点3を献上することとなりました。

その失点は、ジェフらしいサイドからの攻撃。サイドラインの羽生から山岸への、スペースへのパスで勝負アリ。あれをさせてはジェフのペースです。個の力のある羽生と山岸の2人を、サイドの攻防の拠点に揃えたのも大きかったですね。まあそれにしても、横浜目線で見ると羽生はウザイです。ジェフにとってはやはり重要なピースだなと再確認させられました。

狭いところを人数を掛けて攻撃する横浜vsスペースを使うジェフ、という流れでしたが、途中から両者とも少々ぐだぐだ気味。
それでも横浜は、以前よりは繋げていたしFWにボールも入り前までボールを運べていましたが、ジェフはミスも多く、中島のあわやオウンゴールなどもありました。楽山あたりも、囲まれている巻に強いボールを当てますが、その後どうなるのかイメージできていないのではないでしょうか。
ただ、横浜の最終ラインからのパスコースを、ジェフが巧くカバーして横浜のミスを誘うなど、ジェフは組織的なプレーはそれなりにできているように見えるので、ちょっとした事で改善したりするかも、と楽観的な事を言ってみたりして。

TVでわかりにくかった中での印象ですが、

横浜は、難波が頑張っていました。序盤の飛び込みを始め、運動量と粘りを見せていました。平本は後半早々のトラップ失敗で一対一の好機を逸したのが残念、あれを決めないと価値がないとは言い過ぎでしょうか。好機といえば後半、鄭容臺のダイレクトシュートがバーを叩いたシーンも惜しかったです。あれを詰められないのが、チームの勢いなのでしょう。前半も、折角のゴール正面からのFKを、凝りすぎて工藤にカットされましたが、攻撃に慣れていないのかと思わせるようなシーンで、ちょっと萎えてしまいましたよ。

守備面では、菅野が相変わらず。いつもより出番が少なかった気もしますが、勇人のキャノンシュートを防ぐなど、安定感抜群です。早川はカードのシーンを反省すべきでしょう。不要なファールに見えましたし、PA付近からのFKになりますから。前半の根占(?)が相手の股抜きを狙いバックパスをして奪われたシーンも、最終ライン&PA近くでするプレーでは無いでしょう。前節ミスで失点しているのですから、慎重にプレーすべきです。

ジェフは水野が後半から良くなったように見えました。自分が縦に行くシーンも増えたような気がします。ただ、後半の可能性のないロングシュートはいかがなものかと。その後鄭容臺に足を踏まれ(?)て交代になりますが、怪我の具合が心配です。そうそう、工藤は良かったような気がします。巻は相変わらず味方を生かすプレーで頑張っていますが、そろそろ一皮剥けないかなあと。

横浜は、ジェフの不調を巧く利用できなかったのが残念です。1枚目の交代、中島を入れて山田卓也を入れたのが、既に残り10分。怪我明けの和田との絡みもあったのでしょうが、勝ち点を取るしかない試合で、少々消極的な采配だったような気がします。もし中島が信用できなかったのなら、山口を入るか鄭容臺を下げて3バックにすればいい。(鄭容臺の怪我もあり)残り3分の山口投入3バックは時間限定パワープレーでもあり仕方ないとはいえ、ロスタイムの滝澤→玉乃は意味不明。わずか3分で玉乃に何を期待するのでしょうか。まだ顔見せでカズの方が、ある種の割り切りもできるというものです。
控えへの信頼度のなさの裏返しなのでしょうが、だったら代えなければいいと。


まあ、横浜の苦戦は開幕前から予想されていたこと。中断期間やキャンプで、これをどう立て直すのか、新加入選手がどれほどフィットしてくるか。中断期間をそんな無理矢理のワクワク感で過ごすのも、昔を知る打たれ強い横浜サポにとっては一つの選択肢でしょう。ただこれは、開幕前から高木監督と心中すべきと決めた一ファンの心境ですから、万人が取れる選択肢じゃないでしょうね。

一方、ジェフサポにとっては微妙な状況です。
降格候補にとって、勝ち点3ゲットは無条件に喜ぶべきものかもしれません。しかしながら、単なる星勘定でなく、数字で現れない部分はどうだったのでしょうか。
内容で圧倒していたわけではなく、わずか1点差勝ち、しかもポストに救われた完封。続投を保証されたようなアマルのコメントも微妙だし。新居も有効活用されないようですし、ストヤノフの代役もすぐ見つかるかどうか。この中断期間をどれほどの期待感で過ごせるか、という意味ではなかなか厳しいような気もするのです。

|

« アメリカにとって環境問題とは | トップページ | 最近の歌は……とお嘆きの貴兄に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/15602856

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FCvsジェフ(TV視聴後):

« アメリカにとって環境問題とは | トップページ | 最近の歌は……とお嘆きの貴兄に »