« タクシードライバーは泣かない | トップページ | ジェフvs甲府(観戦後) »

横浜FCvs磐田(TV視聴・途中から)

家へ帰ると既に前半20分。要するに、平本のゴールは見られなかったと言うこと。横国には行かない、という不良ファンへの嫌がらせでしょうか。結局、失点シーンしか見られませんでした。
TVでは良くわからないとは言え、攻撃面では為す術がなかった印象でした。平本のシュートは素晴らしかったですし、チェイスした結果でもありますが、とはいえ崩した訳でなく磐田のクリアミスのおかげですから。

この試合で特徴的だったのが、DFからボールが前へでないこと。
TVですから良くわからないのですが、おそらく前の動きが乏しいのか、磐田のマークとポジショニングが絶妙なのか、出すところがないのでしょう。仕方ないので直接パスコースを消している磐田側選手を浮き球などでかわそうとしますが、磐田の出足も速く、またFWへのサポートも遅れ気味となり、相手ボールになってしまいます。また、前に入ったとしても、結局囲まれ、後ろに戻して、振り出しに戻る、という感じで「賽の河原の石積み」状態。

そういえば、攻撃時はボールをもらってから出しどころを考えている、というシーンが目立ちましたが、これも攻撃の連携不足というだけでなく、前述のような事情もあったのでしょう。
さらに、貴重なCKも、簡単に弾かれてしまうシーンが多くなります。
こうなると攻撃面では期待薄、なんとか守備面で先制点を守る、あるいは勝ち点1を狙うことが重要となります。

しかしながら、横浜の生命線である最終ラインも厳しい状態です。
太田が出場停止、小村が怪我とCBが危機的状態、久々に秋葉が出場しますが、2失点に絡んでしまいます。1点目は成岡のトラップが絶妙だったこともありますが、交わされて追走する様では厳しいですね。2点目も後ろから抜かされて前に入られての失点、これも前田の役者が上ということなのでしょうが、守備で勝ち点を取るチームのDFとしては、まだまだ精進が必要と言うことなのでしょう。

SBは左の中島が軽い守備。2失点目の半分は中島の責任ではないでしょうか。もちろん相手の役者が一枚上手なのでしょうが(以下略)。そして右の山田卓也。足が遅く、ドリブルしている相手選手に置いていかれる状態で、これではSBとしては使いづらい。
最終ラインがイマイチの状態に加え、磐田がサイドにポイントを作り、横浜DFを集めて置いてからサイドチェンジという手を幾度と無く使います。こうなると、どうしても全体に下がり気味のディフェンスになり、そして真ん中を磐田が自由に使うという悪循環となります。

この状態での、高木監督の采配ですが、
鄭容臺→智吉の交代は、鄭容臺の2枚目を防ぐ、右SBのテコ入れ、山田卓也の攻撃力を生かす、という一石三鳥でしょう。
そして、奥→難波の交代は、平本との相性に目を瞑り(?)、前の受け手を増やすことと、相手を下げさせること、運動量がありDFが出しやすい状況を作ること、という効果を狙ったのでしょう。確かに終盤、その効果が見えましたし、難波の飛び込みには得点への執念を感じました。

しかし、もうすこし早い交代の方が良かったのでは無いでしょうか。智吉の投入を逡巡した理由は何か、抑えられていた奥を後半残り10分まで諦めきれなかった理由は何だったのでしょうか。個人的には疑問です。
中盤で運動量があり、そこそこキープできる選手を途中投入できれば効果があったと思うのですが、サブに適任がいません。しかしそれは……無い物ねだり……ですね。

磐田にはナビスコで2勝しており、今節の勝利が期待されましたが、前田が入って生まれ変わった磐田には歯が立ちませんでした。とはいえ、滝澤→平本などのいい形もありましたし、何とか中断前に少しでも勝ち点を取って、希望を繋ぎたいところです。

|

« タクシードライバーは泣かない | トップページ | ジェフvs甲府(観戦後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/15457277

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FCvs磐田(TV視聴・途中から):

« タクシードライバーは泣かない | トップページ | ジェフvs甲府(観戦後) »