« 新監督が指揮開始 | トップページ | ジェフを始め一言 »

清水vs横浜FC(TV途中から)

まあ、いろいろ書かせていただきましたが、監督交代後の勝率は一般的に高いらしい。こんな状況なので、勝つなら文句はありません。というか、勝たないならこの監督交代は意味がないわけで、CBなりFWの補強に使った方がおトクというものです。

しかも、どうやら戦術も変えるもよう。これは是非とも新監督の初戦を観なければいけません。ということで、甲府戦に引き続き会社を早めに出てTVの前に。仕事への情熱の○○がうかがえますよね(笑)。

会社でWebチェックすると、山口・カズ・室井・カタタウのスタメン。太田外して室井ってのは心配。平本がいないので仕方ないですが、カタタウ先発は少々ギャンブルの香り。パウロ&山口のダブルボランチは見たいなと思っていたのでOKなのですが、交代枠を圧迫しがちですから、怪我人が出なければいいが、とこれまた少し心配。
でも一番心配なのは、左サイドの内田&中島。メンタル面って2回練習を見ただけで把握できるものではない、と思うのですよ。そのサポートが内田ですが、左は。。。そしてキッカーがいないと。

前半途中から見ましたが、完全に清水ペース。読みに優れたパウロ・山口の中盤を長く速いボールでパスして、前線にきちんと納めてしまいます。前節よりDFが下がり気味なのでしょうか?前節は機能した中盤でのプレスが効きません。攻撃も速く、スペースを突く攻撃も素晴らしく、しばしば深く抉られ、クロスを入れられます。
後半中盤まで無失点で凌げたのは、最後の清水の決定力と、横浜DFの気合い。なんとか最後のタイミングでボールに触ります。まあこのぎりぎりのディフェンスは、昨年見慣れたものでもあるのですが。

清水は攻撃も良いですが、守備も良い。前からのプレスが効果的で、カウンターでも攻撃に時間をかけさせられ、清水DFの準備が整います。しかも横浜が最終ラインにボールを戻しても、その最終ラインへプレスを効果的にかけ、かつ他のDFがパスコースを巧く消しているため、最終ラインは大きくイーブンのボールを蹴らざるを得ません。これでは攻撃になりません。
確かに、監督の言うように「丁寧にボールを運ぶ」必要があります。「どうやって」というのが問題なのですけどね。

パウロと山口のペアは悪くないと思います。しかし、両方とも散らすタイプですし、両方ともスペースに飛び出すタイプじゃありません。しかも平本欠場で、なかなか前で収まりませんから、清水としては守りやすいでしょう。前に収まっても、中盤との距離が長めなのか、展開にも難があります。
それにしてもパウロはシュート打たないですね。であれば、以前のようにパウロをアンカーにして前に内田や根占、玉乃あたりを置いた方が、攻撃面では良さそうです。

そして誤算は後半の室井の負傷退場。室井はスピードについていけてないように見えましたが、層の薄いCBですから、試合感を取り戻す意味でもフル出場して欲しいところでしたし、高さがない攻撃陣のパワープレーというオプションも使えなくなります。しかもカタタウ →玉乃で1枚使っていますから、ここでDFで交代枠を使ってしまうと、滝澤投入が難しくなりますから、大打撃です。

DF交代を機と思ったのか、すぐさま長谷川監督は2枚投入。するとその1分後に貴重な先制点を決めてしまいます。
たぶん真ん中の2人がオフサイドポジションだったと思うのですが、オンサイドを駆け上がってくる(横浜の)左サイドにパスし、DF置き去り。この日、清水はサイドへの展開を効果的に使っていましたが、ようやく結果が出たというところでしょうか。

後のない横浜は攻撃に転じます。薮田のCKからPA内のスペースに転がったボールを和田が僅かに外し、内田のシュートはポスト角を叩きます。ロスタイムには玉乃の突破がありましたが、シュートせずパスを選択してジ・エンド。カンフル剤の効果なく、敗れてしまいました。


終盤10分ほどの攻撃ラッシュがあったので、なんとなく「悪くなかった」印象もありますが、よくよく振り返ってみると、ガンバ戦や鹿島戦で垣間見えた可能性が、この試合では消えていたように思います。もちろん、相手が違うのですから単純比較できませんが、あれだけ決定的なチャンスを何度も作られては厳しいですし、サイドもチンチン、中盤でのボール奪取もそれほどではありません。精度の高いキッカーはフィールドにいませんし、攻撃の厚みも今一歩。監督の目指す「繋ぐサッカー」とは何か、正直私にはわかりませんでした。まあTVですからね。
監督は「今日の試合は素晴らしかったと思う」と試合後答えていましたが、私にとっては唯一、玉乃の気合いが救いの試合でした。

さあ、Awayの言い訳を使ってしまった新監督、Home三ツ沢でどんなサッカーを魅せてくれるでしょうか。相手は本日大敗した広島、ただでさえ苦手なチームの上に大敗で気合いが入っている厄介な状況です。
ここで勝利できれば、一挙に求心力を得る可能性が高いですが、大敗するようだとレイムダックの可能性もあります。新監督の、最初でかつ最大の山場を迎えます。

|

« 新監督が指揮開始 | トップページ | ジェフを始め一言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/16278355

この記事へのトラックバック一覧です: 清水vs横浜FC(TV途中から):

« 新監督が指揮開始 | トップページ | ジェフを始め一言 »