« 鹿島vs横浜FC(TV視聴後) | トップページ | 新監督が指揮開始 »

高木監督解任

横浜FCは、本日8月27日(月)をもって高木琢也監督(39)を解任し、
後任としてジュリオセザールレアルジュニオール氏(56)の
就任が決定いたしましたのでお知らせいたします

突然の解任劇です。
と言っても、アツの件を始め中断期間の補強一つ見ても、高木監督とフロントの間がイマイチしっくりしていないように感じられましたし、その意味では「青天の霹靂」ではありませんでした。

しかし、高木監督の昨年の功績を一切頭から外し、現状の成績を考慮したとしても、Sとしてはこの解任劇には疑問があります。

○時期が遅すぎ

交代するなら、中断期間の前でないと、新監督がチームを作る時間がありません。残り12試合で新監督に何を期待するのでしょうか。交代のカンフル剤を期待するにしても、12試合でどれほどの効果があるのでしょうか。個々の選手の力量や特徴をこれから把握しなければいけない、というデメリットを相殺するほどの利点があるとも思えません。
「降格を見据えた1年半のチーム作り」に主軸を置いたようにしか見えないのですが、契約期間は今期までらしく、理解不能です。まさか、「手を打った」というアリバイ作りじゃないでしょうね?

○駒が足りない責はどこにあるのか

当初から、FW・CBの駒不足は予想されていて、実際、失点と得点の数字が物語っています。
もちろん、駒を生かせなかったという部分は高木監督の責任でしょうが、「手腕発揮の状況整わず」の面が大きかったように思えます。そして中断期間の補強ポイントのずれ。正直、新しい監督を金かけて取るくらいなら、ストヤノフでも取っておけば、と今更ながら。

○機能しかかっている現状をどう見るか

まあ、中断明けのダービー大敗が決めてとなったのでしょう。だったら、大敗直後の解任とすべきです。それを躊躇したため、無為に3試合を浪費しました。この3試合は残り試合数の20%に相当します。
そして、チームが機能しだし、各人が自信を取り戻しつつあるこの時期に、その流れを潰しかねない解任劇。タイミングが悪すぎます。

○あんなこんなの邪推

これはあくまで、私の脳内妄想です。何の根拠もありません。先に謝ります。ごめんなさい。

まず、パウロの契約条件や希望に絡んだ人事ではないかという可能性。新監督はやたらといろんなチームを短期間で渡り歩いている、というのも気にかかります。私は海外サッカーは(も)無知なので、これが普通なのかも知れませんが。

次に、スポンサーや営業面から特定選手の出場を希望したが、高木監督が勝負にこだわり、その要請を受諾しなかった可能性。特に、国立・横国の4試合を残し、この成績。宣伝費として株主に説明をつける必要のあるスポンサーと、赤字幅を抑える必要のあるチームの利害が一致する可能性は、それなりにありそう。
ただでさえ、開幕以降の補強ラッシュの資金源が不明ですし。

最後に、投了の形作りという可能性。
将棋で投了の前に一手足らずの攻撃をし、盤面の形を作ることがありますが、どうもそれに近い雰囲気を感じてならないのです。残り12試合で16位と勝ち点10差(しかも直接対決無し)の状況で監督交代。中断期間も、このチームの弱点ポイントを外した補強。パウロは効果的でしたが、コストに見合った効果(入れ替え圏内奪取)を計算して打った手なのか、正直疑問です。
さらに、大敗直後に解任せず、2週間陣頭指揮を執らせたということは、実は高木監督の手腕を必ずしも悪く思っていなかったのでは、とも邪推しています。

まあ、あくまで邪推です。一ファンが外から見た感覚はこんなものなんだ、とご笑覧いただければ幸いです。

---------------------

昨年のJ2優勝、高木監督の功績は大きかったです。本当にありがとうございました。
開幕前も、高木監督なら何とか帳尻を合わせてくれる、と一縷の望みを持っていましたが、残念でした。できれば、今の陣容+CB1枚で、開幕から采配を見たかったです。お疲れさまでした。

|

« 鹿島vs横浜FC(TV視聴後) | トップページ | 新監督が指揮開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/16259618

この記事へのトラックバック一覧です: 高木監督解任:

« 鹿島vs横浜FC(TV視聴後) | トップページ | 新監督が指揮開始 »