« 三ツ沢がペットボトル禁止 | トップページ | ジェフとか愛媛とか横浜FCとか »

横浜FCvsガンバ(観戦後)

もちろん結果だけを見れば、勝ち点1を取ったに過ぎません。客観的に見れば、降格に一歩近づいただけなのでしょう。
しかし私はふと、今日のような試合を見たくて何年も三ツ沢に通ってきたんだろうな、と思ったんです。だから今日は素直に、「いい試合をありがとう。三ツ沢に行って良かったよ」と言いたい。

BS1では横浜の勝利と口が滑ったようですが、実際、勝ち点1以上の価値があったと思います。もちろん勝つのが最高ですが、今の横浜に必要なのは「自信」。この首位との戦いで、失ったものを取り戻せたのなら、まだ戦えます。

体調不良を押して三ツ沢へ。こういう時に猛暑が和らいでいるってのは、何より助かります。しかし、体力温存のため横浜からタクシーに乗ろうとすると、タクシー乗り場が「ハマこい踊り」とやらのイベント会場に。で、タクシー乗り場はというと、遙か彼方に臨時乗り場。これならバスの方がまだマシ。
タクシーを重宝しているだろう年寄りや体の不自由な人、急いでいる人に、あんなところまで歩けと言うんですね。なかなか厳しい街です。

それにしても、ガンバは豪華メンバー。中盤の遠藤・二川・明神って反則だし、橋本も良い。FWもマグノアウベスこそいませんが、天敵バレー。最終ラインもシジクレイはもちろん、加地に売り出し中の安田。控えの家長も不気味です。強いて言えばFWのリザーブが少々迫力不足か、というくらい。その点では、後半中盤まで0-1で我慢できれば、勝ち点をえる可能性があります。まあ、それが難しいのですが。
横浜は1トップ。豪華中盤をケアするためには、確かに中盤を厚くするしか手は無いかもしれません。
ゴール前のカメラマンの数は1:3、これが生活がかかっている方々のオッズのようです。

開始早々、横浜がコンパクトなディフェンスで、ガンバの自由にはさせません。それに調子が狂ったのか、キーパーへのバックパスでガンバPA内の間接FKとなります。
ガンバサポの目の前ですから、妨害をするわけですが。。。電子音だか拡声器だかを使いまくって、うるさいうるさい。松下だからといって、電気に頼っちゃいかんと。

始めはガンバが省エネモードなのか、とも思ったんですよ。しかし、横浜はボールホルダーへのチェックを積極的にこなしており、また遠藤などミドルシュートのある選手へのケアも充分です。ボランチにもきちんと付いて自由にさせていませんし、最終ラインもずるずる下がらない。昨年のハマナチオを彷彿させる守備に見えました。
もちろんガンバにも幾度と無く決定機があったにもかかわらず、これが決まらないという幸運もありましたが、最後の最後で凌ぐという昨年のパターンでもあります。

思ったほど安田は驚異じゃないな、とおもっていたら、後半早々に家長と交代。さすがに首位を走るチームは判断が速い、と感心。結果、その家長がPKを獲得するのですから、采配ズバリと言えそうです。
しかもそのPKの前に、抜け出そうとするバレーを倒して早川が2枚目退場。今日は早川を始めとして、ディフェンスを厳しく行っていましたが、その副作用が出てしまいました。残念ですが、仕方ありません。
首位ガンバ相手に1点ビハインド、しかも退場者がDFの要である早川。控えにはCBはいませんし、正直、今日もダメかと気落ちしました。

しかしその3分後、滝澤のCKから和田がDFのガードを振り切って同点弾ですよ。三ツ沢大歓声。選手大喜び。いやあ、こういうシーンがあるから、サッカー観戦は止められないんでしょうね。

そして選手達はそれで満足することなく、一人少ない中でも、ドン引きするわけでもなく、少ないチャンスを虎視眈々と狙っています。さすがに守備一辺倒では、ガンバの攻撃を凌げないと言う意識もあったでしょう。ガンバ中盤を意識しつつの積極的な采配で、一人ビハインドの首位相手に挑みます。
久々登場の内田は、中盤で走り回り、効果的なインターセプトや仕掛けで相手陣にボールを運び、平本も数的不利の中、少しでもチャンスがあれば前へ行こうともがきます。西山は前節同様縦への仕掛けでDFを下げさせます。DFに入った岩倉も、堅実なプレーでDFを支えました。

そして、序盤の加地のシュートセーブから序盤からの時間稼ぎまで、久しぶりの菅野劇場です。吹っ切れたのでしょうか、今日は安定していたような気がします。
パウロは攻守ともに効いていましたし、菅野のGKを受け続けたボムソクも悪くなかった。滝澤は相変わらず横浜FCの武器ですし、復帰の太田もそこそこ。智吉と吉野はイマイチだったかな。根占は良くわかりませんでした。

早川の退場から30分以上、一人少ない中でも最後まで中盤を自由にさせず、そして守るだけでなく決定機を作るなど、積極的なプレーでガンバと互角(と言わせてください)の戦い。そして試合終了。
三ツ沢の横浜側はスタンディングで選手を称えました。そしてガンバサポは大ブーイング。
ホームで、Away側サポの大ブーイングを聴く、こんな気持ちのいいシーンは何カ月ぶりでしょうか。


とはいえ、CB早川の出場停止は痛いです。しかも智吉も累積ですし。
和田のSBも結果を出しましたから、SBは山田卓也・和田で行きたいところですが、CBが。。。小村・室井が使えないなら、びっくりの岩倉CBも可能性があるでしょうか。

|

« 三ツ沢がペットボトル禁止 | トップページ | ジェフとか愛媛とか横浜FCとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/16162739

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FCvsガンバ(観戦後):

» [横浜FC]J1第21節 対ガンバ大阪@三ツ沢 [ウタカタ ノ ヒビ]
横浜FCはホーム三ツ沢で首位ガンバと戦い、後半数的不利の状況で、勝ちに等しいき分けという結果でした。 見ていても楽しいサッカーに満足でした。ガンバサポの試合後の自チームへのブーイングが気持ちよかったですね。今日のゲームをこれからも続けてほしいものです。 横浜... [続きを読む]

受信: 2007.08.19 14:57

« 三ツ沢がペットボトル禁止 | トップページ | ジェフとか愛媛とか横浜FCとか »