« プラズマ来ました | トップページ | 大宮vsジェフ(TV視聴後) »

農家切り捨て論のウソ

参議院選挙前後からマスコミを中心に叫ばれていた「零細農家切り捨て」「農村の反乱」というキーワード、そして民主党の「戸別所得補償制度」案に対する、マスコミのある種好意的な反応。
祖父母(まで)が農家だった私から見ると、なんか、すごく違和感がありました。ほんまかいな?と。でも、それが何か、よくわからなかったんですよ。
しかし、このコラムを読んで、ああ、なるほど、そうかと。

「日経」ビジネスオンラインのコラムですから、もちろん少々割り引いて読む必要があります。しかし、これは農業問題の負の一面であることはおそらく間違いないでしょう。確かに、ウルグアイラウンドを振り返ると、戸別所得補償したり公共事業を拡大したりすることと、「農業の発展」とは、因果関係が薄そうです。

ここのコメント欄にも一部ありますが、この手の話の反論でよく出てくるのが「食糧自給率」や「国土の荒廃」。でも、戸別所得補償したり公共事業を拡大したりすることが、食糧自給率向上や国土荒廃の防止にどうして役に立つのか、定量的なロジカルな反論はとんと見かけないんですよね。できれば両論比較してみたいのだけど。

トラックバックもあるようですし、農水省お抱え学者や民主党あたりが反撃してくれないかなあ。

|

« プラズマ来ました | トップページ | 大宮vsジェフ(TV視聴後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/16528667

この記事へのトラックバック一覧です: 農家切り捨て論のウソ:

« プラズマ来ました | トップページ | 大宮vsジェフ(TV視聴後) »