« ジェフを始め一言 | トップページ | ブラウン管TVって絶滅品種なのね »

横浜FCvs広島(観戦後)

両チームがゴールへ迫る展開。この試合単品であれば、三ツ沢の魅力込みで、チケット代の価値はあったと思います。しかし、1年の流れをふまえた1試合と考えると、厳しい評価になるはずです。
それにしても「もったいない」、その一言に尽きる試合となりました。

今期リーグ、三ツ沢も残り2回です。前回より少々早めに入場しましたが、ガンバ戦より空席がかなり多く、特にバックのAway側がガラガラです。それでも6千人以上の入場者でしたから、メインがかなり入っている、ということなのでしょうか。
広島はストヤノフがスタメンで一人アマル余る形。それにしても広島の「スタメンは」結構豪華ですね。

この日の広島は、守備が今一歩。DFと中盤の間があくのか、結構横浜もパスを繋げられますし、前へ当ててもボールを失いません。パウロと山口のボール捌きもなかなか良く、ポゼッションできています。ボムソクの位置取りも結構前目で、サイド奥深くまで進出できます。そのボムソクへのパスも結構通りますし、CKも取れます。
……でも滝澤はいません(泣)

まあ私の思いこみかも知れませんが、あと一つ足りないんですよね。
パウロはパスの選択がほとんどで、ゴール前での迫力がイマイチです。CKキッカーがカズでは、これまた得点の香りがしません。滝澤をスタメンに使い、西山をサブに入れた方が、得点機会が増えると思うのですが。
ただそうすると、内田の扱いが難しくなります。「パスで繋ぐ」サッカーであれば山口の方が上ですから。

前半、寿人はうざかったですが、ウェズレイは打たれながらも何とか抑えていましたし、森崎浩司は負傷退場したりという状況、ここで1点決めておきたかったですね。特に和田、ここで決めていれば、ね。

前後半を通じ、前節同様、左サイドはやはり突かれてしまいます。結局、2失点は(横浜の)左サイドのクロスから。
中島はちょっと厳しいかな。やたら消極的になったり、無理筋のドリブルを仕掛けたり、意味不明の長いボールを出したり。判断が遅いのでしょうか、まああれだけ速い攻撃に対応していたら疲れるでしょうから、ある意味仕方ないのかも知れませんが。

山口は良かったと思います。もちろん走力はイマイチですが、これは世界陸上じゃないので。ただあれだけボールを触れば、ミスも出てしまいます。前半終了間際は危なかったですね。受けた後の展開を考えていたのでしょうか、右サイドからの横パスをトラップミス。かなり各選手が前に張っていたので、奪われると数的不利。しかも相手はウェズレイや佐藤寿人ですからねえ。

決定機は互角ながらポゼッションで上回っていた横浜、しかしアーリークロスをウェズレイが決めてしまいます。やはりキックの精度は重要です。後半序盤までに広島は1点を取り、横浜は得点できない、その大きな原因はクロスの精度だったのかもしれません。
もちろん、精度の高いキックを蹴らせないような守備が必要なのですが、(横浜の)左サイドに2人がフリーになっており、そこへパスを通されています。CBがカバーに行くにしても、厳しい状況でした。
ただ、こういう状況は横浜も作れていたんですよね。

そして内田→滝澤の交代の10分後、滝澤のクロスからカズがヘディングでゴール。精度の高い滝澤のキックで、ゴールが決まったようなものです。その後も滝澤のCKでは、得点の匂いがしますし、左サイドの突破もなかなかのもの。中央への進出も積極的で、もっと長い時間使って欲しいなと思わせる選手です。
カズのゴールで観客もイケイケムード。一挙に三ツ沢が盛り上がります。

しかし、勝ち慣れていないという事実がそうさせるのでしょうか、広島のクリアボール(?)を和田が処理するのですが、繋ごうという意識が強すぎたのか、中途半端な処理をしてしまいます。詰めていた寿人がこれを見逃すはずはありません。ボールを奪い、クロス。これまた寿人を信じて走り込んでいたウェズレイが決めてしまいます。
実に勿体ないプレーでした。1-1で残り15分近くあるのですから、自陣でフォローがいない状態で、そこまでリスクを負う必要はなかったと思うのですけどね。

失点の前に入った薮田は、あまりゲームに入れておらず、不用意なミスもあったりで機能しません。また玉乃は前節同様気持ちを見せますが、少々空回り気味。逆に広島にあわやのシーンを作られます。
6月の柏戦以来、2点目を取っていない横浜は、やはり今節も力及ばず、2点目を取ることができませんでした。


内容的には悪くありませんでした。相手が(調子の悪そうな)広島であることは割り引く必要がありますが、パウロを中心にポゼッションできており、ボムソクなどの攻撃も可能性を感じられます。これが来年を見据えたチーム改造の過程だというなら、まだ納得のしようもあります。
しかし、この新監督に期待することは「残留」以外ありません。「彼なら残留に導くことができる」と判断したから、浮上の兆しを断ち切ってまでチームは監督を交代したのです。でないと、つじつまがあわない。

とすれば、少なくとも就任からの3試合を2勝1敗、最悪でも1勝2敗で乗り越えなければ意味がありません。これでも、その後9試合を6勝3敗しても勝ち点は32にしかなりませんから、上2チームが残り試合そろって3勝2分5敗ペース以下かつ得失無視、という超大甘のハードルです。ちなみに監督の目標(勝ち点30)なら、他チームは3勝1分6敗でOKです。

で、既に2敗、残るは2週間後のFC東京戦@国立。2週間という準備期間もあり、今までのように言い訳は効きません。FC東京戦以降イリュージョンを見せてくれるのか、単なる「形作り」だったのか。監督の力量とチームの眼力が試される重要な試合となりました。

|

« ジェフを始め一言 | トップページ | ブラウン管TVって絶滅品種なのね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/16314449

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FCvs広島(観戦後):

« ジェフを始め一言 | トップページ | ブラウン管TVって絶滅品種なのね »