« 大江戸線の停電のニュース | トップページ | 障害者の賃金 »

横浜FCvs大宮(観戦後)

前節降格が決まったことで、今節は、ほぼ消化試合となりました。「ほぼ」というのは、まだ「最下位」は決まっていないという、いわゆる机上の話です。しかしそれも、この試合の敗戦で、最下位当確と相成りました。

まあ、そういった状況ですし、試合内容は特段みるべきところもありません。予定調和です。そう、おそらく横浜サポ・ファンの大半は、大なり小なりそのような展開を予想・予感していたでしょう。本日はスカパーだけでなくBSでも中継があるとのこと。台風が接近し、横殴りの風雨でビニール傘の残骸が散見される、屋根のない三ツ沢に、それでも駆けつけた4114人。うち、横浜側は2500人、といったところでしょうか。
ほんと、あほやね。愛すべき「あほ」です。

#但し、この強風の中、骨がプラスチックのビニール傘を持ってくるのはどうかと思う。

---------
朝から雨です。嫁さんが身重ですから本来なら現地観戦は自重すべき所ですが、今シーズンの三ツ沢最終戦、来期は三ツ沢へ行けるかどうかもわかりません。今期の最終観戦チャンスでもあります。
幸い気温はあまり低くならないとの予報もあり、経験を生かした(?)装備で観戦決行することに。と言っても、主装備たる「FCポンチョ(初代版?)」が、長年の酷使もあり、(風通しならず)水通しが良い、という致命的欠陥があるのは秘密です。

まあ、それにしても風も雨も容赦なかったですね。初年度の愛川とか、台風の平塚とか、試合中断となった駒場とかにインパクトでは負けますが、じわじわとダメージを受ける、という意味では、本日もなかなかのハイレベルな環境です。悪天候が原因で帰りに躊躇無くタクシーを使ったのは、愛川以来かも知れません。まあ、嫁さん身重&FCポンチョの低防水性のため服まで濡れて風邪引きそうだったという、個人的な敗北理由が大きいってのもありますが。
そういえば、J2参入初年度、春休み期間になぜか雪の三ツ沢ってのも大宮戦だったなあ。駒場も大宮戦だし。両方とも勝ててないし。

その入場者、今日はメインが(思ったよりは)多かったです。試合終了直後も速攻で帰る人が比較的少なかったような気がします。坂本社長の言い訳を聞こうと待っていたのでしょうか。私たちは健康上の理由で、さっさと退出したのでよくわかりませんけど。

社長と言えば、試合開始前とHTは「坂本やめろ」コール、試合中は「三ツ沢の唄」を歌い続けていました。「(選手・監督だけでなく)フロントも責任をきちんと認識しろ」「三ツ沢開催を優先しろ」という意思表示だったのだと、個人的には受け止めています。残り2試合の「ホーム」ではコールしても聞こえないでしょうから、今回が最後のチャンスという意識もあったのではないでしょうか。
……やり方の善し悪しは別ですし、私の意見と一致しているわけでもありませんが。

スタメンはこの5試合をどう活用するかという懸念の答えの一つとなります。
で蓋を開けてみると、この日のスタメンの目玉は秋葉のみ。あとの若手準レギュラーは中島・根占・カタタウ、来年に繋がる選手として早川・滝澤ってところでしょうが、それ以外の選手は来年このチームにいるのでしょうか?山口はパウロの代わりでしょうから理解できなくはないですが、ちょっと肩すかしを食らった気分です。

さて試合ですが、両チームのコールより、フードに当たる雨音の方が大きいくらいで、眼鏡も雨に晒され、浸みた雨でガクブルだし、正直、試合観戦どころではなかったような。ということで、簡単に。

横浜は、4-3-3気味の4-5-1に見えました。雨が降り続き、水が一部浮くコンディション、パスのボールが止まったりする状況では、中盤を厚めにする方が確かにメリットはありそうです。サイドが前に張ることで、大宮のサイドを押し込め、またピッチコンディションから多用する浮き球の受け手のターゲットを増やす効果もあるでしょう。
しかし、前にボールが収まらないこと、そして真ん中3枚のフォローが弱くてこぼれ玉を拾えない、という問題も。
根占も思ったよりは前へ出ない印象を受けました。あと滝澤は、やはりサイドの方が良いような気がします。

一方の大宮は、気持ち4-1-4-1って感じでしょうか。ただ横浜と違うのは、デニスマルケスにボールが収まること。受け手の個の力なのか、出し手の精度なのか、連携の良さなのか。
今日はピッチコンディションが悪く、速いパス回しが繋がりませんでしたが、晴天であれば横浜はもっと苦しめられていたでしょう。

失点シーンでは、小林大悟がファーできちんとフリーになってボールを受けた時点で勝負アリ。6試合で得点1のチームが、相手をPA内でフリーにしては勝てません。
あと、本日の目玉の秋葉ですが、足が遅すぎ。(ゴロパスの精度が低くなるため)浮き球が多くなる今日のような試合なら兎も角、パスが走るコンディションでは怖いですね。怖がっていたのでは使えないのですが、相棒の早川も速くないですから。


それにしても、本日は今期の横浜を象徴するような暴風雨で、ある意味、今期最終観戦にふさわしいお天気でした。来期は、台風一過でピーカンのシーズンとなりますように。

|

« 大江戸線の停電のニュース | トップページ | 障害者の賃金 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/16894916

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FCvs大宮(観戦後):

« 大江戸線の停電のニュース | トップページ | 障害者の賃金 »