« ニュースいろいろ | トップページ | ヴェルディvs愛媛(TV視聴後) »

名古屋vs横浜FC(TV視聴後)

来期監督濃厚のピクシーの御前試合、しかもホーム最終戦ですから、名古屋としては是非とも勝ちたいところ。一方の横浜FCも、連続未勝利のJ1記録更新がかかっており、しかも次節はアジアチャンピオンの浦和ですから、これまた「J1での」勝ちが欲しいところです。

立ち上がりの横浜は、中盤3人で囲むなど前からのプレスが積極的、カズも中盤に戻り、プレスを手伝います。ただプレスが高い分、抜けるとDFが余らないため、5分の杉本の抜け出したシュートなどをはじめ、危険なシーンを作られるなど、少々打ち合いの様相を呈していました。

しかし、この前でのプレスが効を奏していたのは序盤だけ。20分を過ぎると主導権は名古屋に。自陣深く攻め込まれたり、折り返しを簡単にあげられるシーンが目立ちます。DFラインも高くなかったように見えましたので、守り方を変えたのかもしれません。
怪我の早川の代役の岩倉、今日もなかなか良い働きです。これなら最終戦もスタメンじゃないでしょうか。

名古屋の攻撃に比べると、横浜はカタタウやカズの個人突破の傾向があります。特に54分のカズがドリブルで切り込んでシュートをしたシーンなどは、あれだけ時間をかけたにもかかわらず、PA付近でのサポートがありません。相手がディフェンスイマイチの名古屋とはいえ、これでは得点は厳しいでしょう。
幸いなことに、57分のカタタウのドリブルシーンなどは良いサポートがありましたから、この回数を増やしていけば、そのうち点も取れることでしょう。少々次元の低い期待のような気もしますけど。

そんなこんなで、チャンスは名古屋の方が多かったように思います。後半立ち上がりからは押し込まれ、49分の中村→杉本のニアで合わせるシーンや、51分の金正友の一対一のこぼれを杉本が詰めるシーンなど、危ない場面を作られます。それでも菅野の活躍もあり、なんとか失点を免れます。
それにしても、ゴールキックからのマイボール確保に大きな差があるのが、どうも。。。どちらのGKが蹴っても名古屋ボールになるのですから、攻撃のリズムがでるのがどちらなのか、は自明です。

まあしかし、80分の津田→ヨンセンが合わないなど、今日の名古屋は決定力に欠けます。一方の横浜も、ヨンチョルが2度ほどPA内深くに侵入しますが、カズがふかしたり(※)、折り返しを上げられずに得点に結びつきません。とはいえ、ヨンチョルの突破は魅力的ですね。
   ※:カズのコメントでは「楢崎にクリアされ」たとのことですが。

結局両チームとも得点無し。横浜は「20試合連続未勝利のJ1記録」を作ってしまいました。


滝澤は積極に頑張っていましたね。中島は不調なのか、自陣深くで奪われたり、攻撃時もサイドチェンジを選択しても精度が低いなど、少々ブレーキ。カズは良く動いてチームを助けていましたが、肝心のPA内で仕事ができませんでした。岩倉の堅調、ヨンチョルのドリブル、難波の復帰は次節以降の希望でしょう。アツは1本FKを決めて欲しいですね。

次節は浦和の優勝がかかった試合となりました。
横浜としてはJ2降格が決まっているのですから、来年の軍資金をこの試合で稼ぐことが最優先のはずです。2階席も開けて少しでも稼ぐべきでしょう。そして、アジア王者に一泡ふかせることができれば、最高ですけどね。

最終節は、ジェフ戦を現地観戦予定です。
子供が産まれる予定ですから来年は現地観戦も難しいでしょう。当分見納めですから、楽しい試合になって欲しいなあ。そして「他会場の結果」で、満員のフクアリの観客がどよめく快感が味わえれば最高です。

|

« ニュースいろいろ | トップページ | ヴェルディvs愛媛(TV視聴後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/17171667

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋vs横浜FC(TV視聴後):

« ニュースいろいろ | トップページ | ヴェルディvs愛媛(TV視聴後) »