« 本日のスポーツ | トップページ | モルガン・スタンレーと中国と米国と »

Jリーグアウォーズとか

解雇とか引退とか、暗くなるニュースが多い今日この頃ですが、たまには良いニュースもありますね。

○菅野が新人王
○城が功労賞
○フェアプレー

○菅野が新人王

「新人」と聞くと違和感がありますが、いずれにせよ新人王、おめでとうございます。新人らしからぬ風貌と落ち着き。いい顔になりましたよね。
J1の控えではなく、早くからJ2のレギュラーで存分に経験できたことも、この賞に繋がったことでしょう。
しかし、やはり更に上のレベル(リーグ)でやりたい、というのは無理からぬ事。もう横浜FCという小さな枠には納まらなくなったわけで、ここは寂しいけど成長を喜ぶべきなのでしょう。

移籍先は柏との噂があるようです。南は5歳上の28歳ですか。短期的には解せませんが、移籍係数が0になる2年後をにらんで、リスクヘッジをしたのであれば、中長期的には考えられますね。とはいえ菅野には、中期的にではなく、さっさと南を追い抜く勢いで頑張ってほしいな。

○城が功労賞

特例で引退試合をすることと微妙に関連があるのかもしれませんが、それはそれとして、Jリーグや日本サッカーに貢献したことは間違いないでしょう。功労賞、おめでとうございます。

○フェアプレー

各チームの反則ポイントと反則金が発表されました。
愛媛FCが、J2で唯一の2桁ポイントでトップ。素晴らしいです。
ジェフも反則金0。いつもは百万単位で反則金を払う横浜FCが、今年は反則金0でした。とりあえず、良いことですね。横浜FCは、ポイントを48試合に引き直しても、104ポイントと、J2で2位の鳥栖(132)より上ですから、大したものです。
ラフプレーを少なくしたのか、(相手の判断が速くて)コンタクトに行けなかったのか、J1・J2審判の技量差のせいか、は定かではありませんけどね。

J2の最下位は、あのリティ率いる福岡(222)でした。まあ納得かな。あそこはチームとしてもその傾向がありましたし、そこにリティが加わった日には。。。
そして、48試合に引き直した通しで最下位なのは甲府(188→265)です。ラフなイメージは(私には)あまりないのですけど、やはりプレースタイルのせいもあるのでしょうか。

|

« 本日のスポーツ | トップページ | モルガン・スタンレーと中国と米国と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/17408524

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグアウォーズとか:

« 本日のスポーツ | トップページ | モルガン・スタンレーと中国と米国と »