« 天皇杯&入れ替え戦 | トップページ | 本日のスポーツ »

山口素弘引退

戦力外通告でも現役続行を模索する、という報道を聞いていたので、来期も別のチームとはいえ勇姿を見られると思っていました。なので、まだ戦力外通告から2週間余のこのタイミングで、「引退」の発表を聞くとは考えても見ませんでした。さすがにJ1上位チームでは難しい部分はあるでしょうが、まだまだ現役で活躍できるでしょう。非常に残念ですが、本当にお疲れさまでした。

横浜FCがJ1にあがってから、山口選手にはネットを中心にかなりのバッシングがありました。しかし試合での、彼を経由して展開する回数の多さは突出していたはずで、そのこと一つ取っても、他の選手からの信頼の大きさを感じられます。少なくともパウロが来るまでは、横浜FCで最もあてになるボランチだったと、個人的には確信しています。と言う私は少数派なのかもしれませんが、気にしない。

しかし、J2降格の影響もあるのか、解雇通告。確かに、再昇格・J1残留というプラン上、2年3年というタームの中でのリスクや育成面を考えると、戦力外という判断もあり得るでしょう。しかし、J1昇格に大きく貢献した選手に対し、「0円提示」ではなく、円満な引退という道も残した、配慮を持ったやり方は無かったのでしょうか。

この選手に「本当だったら一番最後の試合を三ツ沢でやりたかったし、この会見も三ツ沢でやりたかったとは思います」なんて言わせてはいけない。昨年の城に比べ、この落差は悲しすぎます。もちろん、この落差の原因が誰にあったか、については知る由もないのですけど。

山口選手を思い浮かべるとき、今でもなぜか胸にはFのエンブレムがあります。
現役の選手で、同じようにFのエンブレムが最初に思い浮かぶ選手は、もういないような気がします。
私にとっても、山口選手の引退は、一つの区切りになったのかもしれません。

|

« 天皇杯&入れ替え戦 | トップページ | 本日のスポーツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/17369744

この記事へのトラックバック一覧です: 山口素弘引退:

« 天皇杯&入れ替え戦 | トップページ | 本日のスポーツ »