« S的・2007年印象に残った10試合(前編) | トップページ | 原油100ドル超へ »

S的・2007年印象に残った10試合(後編)

今年は、川崎や浦和が頑張ったACLやCCL、代表のアジアカップやオリンピック予選、ナビスコカップや菅野が出場したオールスター、広島に注目が集まったJ1J2入れ替え戦や天皇杯など、数多くの印象的な試合がありましたが、後編は、ジェフと愛媛の試合を中心にチョイスしました。

6)ちばぎんカップ・柏vsジェフ(2/18@日立台)

冬の雨、震えながら観戦しました。シーズン開幕2週間前、これでチームの仕上がりが順調であれば寒さも吹っ飛ぶのですが、ジェフは退団選手(坂本・ハース・阿部など)だけでなく、水野・水本も不在のBチーム状態で良いところ無く、心も寒く。雨でジェフのサッカーが難しかった側面もありますが、今シーズンの厳しさを予言した試合となりました。
愛媛から戻った菅沼ですが、後半は徐々に存在感を見せ、終わってみれば1得点のMVPと、その後の活躍を予感させました。


7)ジェフvs横浜FC(4/8@フクアリ)

ちばぎんカップで心配されたとおり、リーグ戦は開幕から4試合勝ち無しで勝ち点はわずかに1と、優勝争いどころか降格争いのスタートを切ってしまったジェフ。しかし格の違いを見せつけ、巻も記録上ゴールを上げ、4-0の快勝。その後GWまでの5試合で1勝1敗3分けと改善するきっかけとなりました。試合内容も「良いときのジェフ」でしたね。
横浜は山口を酷使せざるを得ないチーム事情と、J1チームとの格の違いをみせつけられ、簡単に順位をひっくり返されました。今期未勝利の下位相手でもこの結果というのは、精神的なダメージは大きかったことでしょう。


8)ジェフvs甲府(6/17@フクアリ)

リーグ4連敗・7戦勝ち無し、ナビスコも3連敗で予選敗退。しかもストヤノフの爆弾発言もあり、チームの雰囲気も悪いようす。こういう時に最も必要なのは「勝利」です。
試合はノーガードの打ち合いを呈し、ジェフは巻が2得点すれど、得点の度に甲府に追いつかれます。しかしこの日のジェフは諦めません。顔を踏まれながらも巻がねばり強いボール奪取が羽生の得点をお膳立てし、勝利をモノにしました。
試合後、感無量でインタビューに答えられず、お辞儀をしてピッチを後にした巻、この試合の意味を象徴するシーンでした。


9)愛媛vs福岡(9/23@愛媛)・仙台vs愛媛(9/26@ユアスタ)

第4クール前半、昇格戦線が激しくなる頃、下位チームのモチベーションは上位いじめをすること。
これは来期へ向けての選手自身のアピールという、選手生命を掛けた戦いでもあります。そして、愛媛のような、若手やレンタル中心のチームは機能し始めるまでに時間が掛かりますが、育成中心のチームがシーズン終了まで育成結果を出せないと死活問題となります。
昇格候補の福岡と仙台、福岡戦は3度先行されますが追いつき引き分け、仙台戦は前半30分に退場者を出しながらも攻めの姿勢を失わず1点取って勝利。福岡・仙台の昇格失敗の大きな要因となります。
(試合内容自体ではないので、1項目扱いにしています)


10)浦和vs愛媛(11/28@埼玉)

1.5軍とはいえ、3冠を狙う浦和に対し2-0の快勝。連戦の疲れにしても、浦和は中3日のホームのところ、愛媛は中2日のAway連戦ですから、この結果は素直に喜んで良いでしょう。
前述の福岡・仙台戦以上に、チームにとっても選手にとっても強烈なアピールになりました。この日先発で完封に貢献したDF近藤選手はレンタル元の浦和に復帰し、MF大山も湘南へレンタルとなり浦和解雇を免れましたね。さらに他のJ1チームからも(育成目的と思われる20歳前後の選手が)既に3人レンタルが決まっています。
また、地方チームに大切なのは地元への浸透。こういうビッグな試合をモノにすることで、地元のプライドを刺激したり、注目を浴びることは大切なことです。


番外)オシムの戦い

急性脳梗塞の悲報。この不幸な事態から無事に生還された、これに勝る勝利はありません。
オシムさんからの新年のメッセージが天皇杯決勝のHTに紹介されましたが、通訳のメモの最後に自筆サインがあり、安心しました。なんかオシムのメッセージと言うだけで重みを感じてしまうのが不思議ですね。
ご自愛いただき、またいつかオシム節を聞かせて欲しいものです。

|

« S的・2007年印象に残った10試合(前編) | トップページ | 原油100ドル超へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/17546006

この記事へのトラックバック一覧です: S的・2007年印象に残った10試合(後編):

« S的・2007年印象に残った10試合(前編) | トップページ | 原油100ドル超へ »