« ゼロックスと第一節第一日目 | トップページ | ジェフvs清水(TV視聴後) »

徳島vs横浜FC(TV視聴後)

J1で最下位・リーグ4勝のチームと、J2で最下位・リーグ6勝のチームの対決。しかも両チームとも選手を総取っ替え状態で、監督も新しいという、なんだか仲良し状態です。
昨年の悪夢を払拭できるか、新監督はどんなチームを作り上げたか、新規加入選手は機能するか。。。開幕はいつも期待と不安が入り交じりますよね。玉乃と長谷川の古巣対決も楽しみな一戦です。

しかし、誰が誰やら。昨年のスタメン級は、難波・早川が怪我で欠場していることもあり、アツ・山卓・滝澤・根占だけ。こうなると、ポジションチェンジやオーバーラップ・後方からの上がりとかを楽しむどころではありません。専らボールの行方を追うだけ。

しかし、この日の横浜であれば、それで充分だったかもしれません。前半は特にですが、基本的には、最終ラインからの長いボールにFWが抜け出して、というパターン。長谷川とアンデルソンという組み合わせだったこともあるのでしょうか、前で溜めて上がりを待つ、という意図も感じられませんでした。結局、FWに納まるわけでもなく、単発の攻撃で徳島にボールが渡る形となり、結局ポゼッションも徳島が上回る状態となります。

まあ確かに、チームがこなれていない現状では、失点を防ぎ、アツの一発や長谷川の抜けだしなどに頼るのも一つの手かもしれません。また、組織的攻撃が完成していない現状では、不用意かつ中途半端に中盤やSBの押し上げをしたあげくカウンターを喰らう、ってなリスクは回避したいところではあります。一応昇格を狙うのであれば、序盤の苦しい時期は、内容よりも勝ち点を失わないことが肝要。
……しかし、つまらん。

まあ、ポゼッションに上回る徳島も、チャンスは作れど結構外す、いわゆるJ2仕様。これがJ1チームだったら、何点取られていたかわかりません。でも、ドゥンビアのスピードや玉乃の魂は、見ていて気持ちよかったです。チームが機能してきたら、結構面白い存在になるかもしれません。

一方の横浜、長谷川は運動量が多くて期待が持てますし、エリゼウも結構良さげで、周りの選手が理解してあげればもっと生きてくるでしょう。根占も頑張っていました。中田は。。。まだ馴染んでないから、ということにしておきましょうか。アツもそれほど前に顔を出すわけでもないので、DFが軽めなのが目立ち気になります。小山は思ったより無難にこなしたかな、天皇杯の時とか印象悪かったから余計に良く見えたのかも。

結局得点は、山卓の「とりあえず打っとけ」のスーパーシュート(昨年開幕の久保を思い出しますね)と、根占のドンピシャ・マイナスパスからアンデルソンのココしかないニア上隅への強烈なシュートでの2点。キャプテンらしい積極性と、FWらしい思いっきりの良さがでた、素晴らしいシュート。「個の決定力の差」で、4年ぶりの開幕勝利となりました。

相手を崩し内容で勝っていたわけでもなく、完封したのも相手の拒点力に助けられた面が大きいわけで、決して安心できる状況ではありません。しかしながら、これだけ選手・コーチが入れ替わったチームですから、一番の薬は「勝利」でしょう。気分良く練習に試合に臨める、これ大事です。
ただ、次節の相手は仙台を破った湘南です。どうも春先に当たる湘南って良いイメージがないんですよね。苦しい試合になるとは思いますが、何とか結果を出してほしいところです。

|

« ゼロックスと第一節第一日目 | トップページ | ジェフvs清水(TV視聴後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/40469854

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島vs横浜FC(TV視聴後):

« ゼロックスと第一節第一日目 | トップページ | ジェフvs清水(TV視聴後) »