« 5/10-11のJリーグ | トップページ | 我那覇勝利! »

J1・13節/J2・14節

相変わらずチラ見ですが。
しかし、サッカーの記事ばかりだなあ。他に書きたいこともあるのだけど、なかなか。

○水戸vs愛媛
○横浜FCvs福岡
○ジェフvs大分

○水戸vs愛媛

出足の速く鋭い水戸の守備に対し、愛媛はパスの精度が低くなります。愛媛は攻撃でも積極性に欠ける印象で、サイドの攻撃でも中央のスペースを生かさないなど、余裕のない感じ。結局、慢性疾患の「セットプレー病」で水戸に決められ、敗戦です。まあ、決定機も水戸の方が多かったですから、敗戦は仕方ないところ。
水戸は、前半ロスタイムに金澤大将が大活躍で失点を防いだシーンが大きかったですね。3月以来の勝ち星で、他のチームに勝ち点1差まで詰め寄りました。
ただ水戸に対しては、成績以上に今節1721人という入場者数が気になります。もしかして、前田監督の件とかが影響しているのでしょうか。

○横浜FCvs福岡

アンデルソンが福岡#3をぶっちぎった時点で勝負アリ。2点目は池本も素晴らしかったけど、福岡も淡泊な守備に見えました。福岡の中盤があまり機能してないようにも見えたけど、まあ、負けているチームというのは概してそう見えるものなのでしょう。
その中でも、大久保哲哉はヘッド一発で気を吐いていました。そういえば、最近大久保はヘッドの得点が多いような気がするなあ。サイドからのクロスもそこそこ上がっていたので、はまれば(精度が良ければ)量産できそうなのですが。。。これで福岡は、次節最下位も可能性0ではなく、しかも次節セレッソ戦。一方の横浜は2位争いに食い下がり、次節は広島戦です。
横浜は、山田卓也のCBがこのところ結構安定していて、正直びっくりしています。でも、早川もそろそろ見たいなあ。

○ジェフvs大分

兎に角、大きな、大きな、勝ち点3です。この試合、落とすのと勝つのでは雲泥の差。他チームとの差を縮め、自信を取り戻し、(ナビスコはありますが)中断期間をいい雰囲気で迎えられるのですから。
それにしても、斎藤の中盤底と新居のサイド起用がはまりましたね。新居は突破はもちろん、クロスもFWの嗅覚が生きるのか案外良いボールだったりして。ボスナー、谷澤もなかなか。
降格するようなチームとは思えない(思ってない)ので、連勝は当然なのかもしれないけど、今節の勝ちは嬉しいなあ。

|

« 5/10-11のJリーグ | トップページ | 我那覇勝利! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/41248898

この記事へのトラックバック一覧です: J1・13節/J2・14節:

« 5/10-11のJリーグ | トップページ | 我那覇勝利! »