« 日本サッカー協会会長に犬飼氏就任 | トップページ | 第88回天皇杯 »

福岡vs横浜FC(TV視聴後)

後半途中から、チラ見。
横浜は同点に追いつかれた直後、相手のミスから池本の個人技(インターセプトやパスも良かったけど)で突き放しました。勝ち癖のあるチームであれば、このまま悪くても勝ち点1は持ち帰られる展開なのですが。

兎に角、前にボールが収まらず、相手陣内でボールを持たせてもらえません。前との距離が開き気味だった印象もあったので、受けに回っていたのでしょうか。PA近くでファールもらわないとアツの出番もないし(って、アツ自身も調子悪そうですが)。スペースの使い方も福岡の方が上でしたね。その意味では、内容通りの結果、ということなのかもしれません。

それにしても、大久保、です。
再三、裏への飛び込みや良いシュートを放つなど、福岡の切り込み隊長になっています。まさしく、福岡の大黒柱。しかしゴールならず、ロスタイムの大久保→城後の決定的なシーンも決まらずで、「今日大久保の日じゃないのかなあ」と思っていた終了間際、劇的な逆転ゴール。最後まで良く動いていたご褒美でしょうか。
それにしても、あの3失点目のドフリー具合は何だったのでしょうか。マーカーを外してニアに行ったところ、ニアのDFが気づいてなかったのか、競いもしなかったように見えたのですけど。

さて、横浜は手にしていた勝ち点が滑り落ちただけでなく、小山が次節出場停止と、弱り目に祟り目。GKは横浜の最大の弱点と言っても過言ではありません。しかも相手は広島。うーん。今更ながら、1枚目の遅延が無駄なカードでした。

|

« 日本サッカー協会会長に犬飼氏就任 | トップページ | 第88回天皇杯 »

コメント

えーっと、話していた最悪のシナリオ、ジャンボが点とる→コーやんともめる→両者に黄紙というシナリオの半分だけが現実になってしまいましたね。

私もYoutubeにアップされていたハイライトを見ましたが、3点目はきれいにDFの視界から消えてましたねぇ。都並さんがボーゼンとしてた理由もよく分かります。本当にDFがきれいにジャンボを見失ってたからなぁ...

ということで、次週は水戸に遠征してきま〜す。

投稿: 年寄りGK | 2008.07.21 08:16

どもども。ゆっくり話もできず失礼しました。
しかし、ほぼビンゴでしたね。ジャンボは自重していたように見えましたが、○○さんが怖かったのでしょうか(笑)。小山もこの年なのだから、もう少し考えて欲しかったです。
水戸の観戦記、お待ちしています。

投稿: | 2008.07.21 13:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/41919416

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡vs横浜FC(TV視聴後):

« 日本サッカー協会会長に犬飼氏就任 | トップページ | 第88回天皇杯 »