« 週末のサッカーとか | トップページ | 福岡vs横浜FC(TV視聴後) »

日本サッカー協会会長に犬飼氏就任

川淵氏の後任として犬飼氏が就任しましたね。犬飼氏というと、例のベストメンバー発言で、がっかりさせられた記憶くらいしかないので、何とも。まあ、今日の浦和の隆盛に貢献した方ですし、経歴的にも経営感覚など前任者よりは期待できそうですが。

所信表明がニュースに出ていましたが、いくつか気になった点を。

『川淵さんはどんどん決断して、リスクを負ってきた』

うーん、リスクを負うってことは、そのリスクが顕在化したときに、「自身が」きちんと向き合う、ってことのはず。失敗を認めなかったり、”失言”でごまかしたりする事を、「リスクを負う」とは言わないと思うのです。


『日本の減点主義社会の延長線上にサッカーもある』

だからと言って、減点しないのはどうでしょうか。
恣意的な「制裁」によって、一選手のみならずチームや他の選手、他の競技の選手やドクターにも混乱を与え、多くの費用と時間を浪費した責任をどう考えているのでしょう。さらに、目的が同じなら、奪い取った金を川崎に返さなくて良い、ってのもすごい理屈です。
それにしても「鬼武健二チェアマンは自身をけん責とする処分」って、ギャグかと思いましたよ。もっとも、その譴責シーンをYouTubeで流す、ってなら、ある意味きつい処分かもしれないけど(笑)。


『リスクを負って、言い訳はしない。』

言い訳をしないことと、説明をしないことは違うので、そこは認識して欲しいなあ。
それと、リスクを負うことと、深く考えず脊髄反射でしゃべってしまうことは、全く違うし。
例えばベストメンバー発言、何のリスクを負ったのか、そもそもリスクがあると思っていたのかどうか。結局ベストメンバー問題はどう決着を付けてどういうルールになったのか、きちんと説明して欲しいものです。このままでは、リスクを負うのは(犬飼氏ではなく)チームと選手です。

とはいえ、晩年の川淵氏よりは良いのではないか、と少々期待してる、ってのは内緒です。

|

« 週末のサッカーとか | トップページ | 福岡vs横浜FC(TV視聴後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/41899245

この記事へのトラックバック一覧です: 日本サッカー協会会長に犬飼氏就任:

« 週末のサッカーとか | トップページ | 福岡vs横浜FC(TV視聴後) »