« 特定事項伝達型本人限定受取郵便物 | トップページ | 横浜FCvs広島(TV視聴後) »

サッカーとの距離感などつらつら

そういえば、サッカーの試合の記事は、7/27以来もう1ヶ月半も書いてません。もちろんここはサッカーblogでは無いのですが(強調)、一時は毎節近く「観戦前」「観戦後」まで書いてた時もあったんですよね。

子供が幼児期ってのが大きい。現地観戦はもちろんのこと、TVも厳しい。それでも春頃は、チビ穂も寝る時間が長く、寝ている間にチラ見したりしてたのですけどね。
このところチビ穂の日中寝る時間が短くなり、チビ穂の相手も体力がいるようになりで、情けないかな(もう若くない)私はチビ穂と一緒に昼寝をむさぼる今日この頃です。

まあそれはそれで充実した生活なのですが、この1年弱で、サッカーとの距離がかなり開いてきたな、とも感じます。

たぶん、興味がないわけではないのです。昼休み10分ほどのネットサーフィンはサッカー中心だし、スカパーのJリーグライブDXセットも解約していないし、今週読んでいる本は「オシムの言葉(文庫版)」だし。
でも、時間を作ってTVでサッカーの試合を観よう、という気には、なかなかなれないんです。観ても、以前ほど面白く感じないし。特に横浜FCの試合がそうで、ジェフと同時間帯ならジェフを観る、というのも今や珍しくありません。2年前なら考えられなかった事ですけど。

いろいろ要因はあるんだろな、と思います。
今年の横浜FCのサッカーからは、あまり意図が感じられなくてつまんない、ってのもあります。選手も相当入れ替わり、昇格前からの愛着のある選手が減ったこともあるでしょう。観ないから覚えられない、という負のスパイラルなのかもしれません。昇格を経験して贅沢になったとか、アツとかの劣化を観るのが辛いというのもあるかも。

でもたぶん、そんなことより、スタジアムに行ってないから、なんでしょうね。

TVを観ていても、イメージが湧かないんですよ。元々TVが映す範囲が狭いのに加え、プレーの予測が鈍っているから、どうしてもボールしか追わなくなる。悲しいかな、J2の試合だと特に、ボールを追うだけではワクワク感が乏しい。
いやいや、そんなことより、スタジアムの雰囲気や選手の躍動感や迫力を、TVを観ても脳内補完できなくなったんでしょうね。目の前を駆け抜けるアスリートではなく、遙か彼方の移動物体って感じ。いや実際、遙か彼方の出来事なんですけどね。

TVでサッカーの試合を観る一見さんって、こんな感じなのかなあ。やっぱりスタジアムに来てもらうってのは大事なことなんだな、と改めて感じました。


余談ですが(いや、全て余談だけど)スタジアムと言えば、やっぱり三ツ沢が一番好きです。もちろん、フクアリも素晴らしいのですが、三ツ沢に入って階段を上り、目の前にピッチが広がった瞬間、凛とした緑と、それを優しく包み込む青空、そしてまったりとした客席。青々としたピッチを眺めながら、試合開始をゆっくりと待つ。この極上のひとときが、三ツ沢の素晴らしさだと思うのです。もちろん、試合の見やすさも天下一品ですけどね。うん、懐かしいなあ。

なんかぐだぐだの文章になっちゃいましたね。まとめる気もないけど。

|

« 特定事項伝達型本人限定受取郵便物 | トップページ | 横浜FCvs広島(TV視聴後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/42448305

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーとの距離感などつらつら:

« 特定事項伝達型本人限定受取郵便物 | トップページ | 横浜FCvs広島(TV視聴後) »