« 事故米より怖い「国産」 | トップページ | 経済がらみでつぶやく »

京都vsジェフ(TV視聴後)

京都には勇人や水本が居ると。うん、負けられない。チビ穂のアピールもバージョンアップしていますが、何とかチラ見です。

前半のジェフは前にボールが収まらず、パスミスも多く、クロスの精度も悪いし、名古屋戦より悪いイメージでしたが、後半持ち直しましたね。というか、前半は押さえていたのでしょうか。
で後半、水本のパスを工藤がインターセプトし、巻が頭で反らしたボールを工藤がドリブル。シュートのタイミングが遅いのでDFに追いつかれるかな、と心配したのですが、貴重な決勝点を決めました。

京都もシュートを打つのですが、GKのファインセーブやDFの体を張ったプレーでゴールを許しません。それにしても、GKが弾いたボールを柳沢が頭で押し込むシーン、コレはやられたと思ったのですが、枠の外(笑)。そう言えば前半もGK正面のシーンがありましたね。
京都はカウンターのチャンスでも、手間を掛けてチャンスを逃すシーンがいくつか。シンプルにやられたら危なかったのではないでしょうか。

さて新居。良いときの新居なら決めてくれるよな、と思うようなシュートが入りません。競争相手も増えているのですから頑張って欲しいんですけど、今一歩周りともあっていないような。スタメン争いは一歩後退でしょうか。
深井は途中出場ですが、チェイスなど気合いが入っていますね。こういう選手は何かしでかしてくれるのでは。

過密日程の中で黄3枚の谷澤を温存できましたし、完封したのも大きいでしょう。次節は1週間後に浦和戦、その次は2週間空くわけですから、ここでミラー監督の考えるベストメンバーが見られるのでしょう。楽しみです。

|

« 事故米より怖い「国産」 | トップページ | 経済がらみでつぶやく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/42614149

この記事へのトラックバック一覧です: 京都vsジェフ(TV視聴後):

« 事故米より怖い「国産」 | トップページ | 経済がらみでつぶやく »