« またもやココログ・クオリティ | トップページ | ラムダッシュ »

定額給付金

家族三人、先週末からみんな風邪をひいてしまい、大変だったのですよ。
幸か不幸かチビ穂が一番元気で、鼻水を垂らしながら大暴れ。しかも夜泣きのカウンター攻撃。親は寝て治すどころの話ではありません(泣)。この土日で治るといいなあ。。。

さて、経済失速・金融危機に、株価下落。こうなると、花咲か爺さんよろしく、お札をばらまく人がでてきます。ポケットマネーなら良いんだけど、結局国民の金をばらまくわけで、それで好印象を持ってもらおうという下心が何だかな、という気もします。

で、この「定額給付金」、ばらまいた分国民が消費に回し、経済が活性化する、というのが一応のシナリオのようですが、私なんかは、この総額2兆円って、将来の原資の先取り、としか思えないんですよね。将来必要となる金が、政府にあるか、手元に来るか、だけの違いなので、個人的には「そのまま消費に回す」ってのはあり得ない。下手すれば、早速数年後に消費税で巻き上げられる可能性もあるのだし。

まあでも、2点ほど良いこともあります。

まず、かつての「地域振興券」ほど使い勝手が酷くないこと。
あれは確か公明党の肝いりだったと思いますが、「入手に手間がかかる」「利用対象が限られる」という困り物。平日の朝から限定販売だったのですが、私は午前休暇を取って並びました。あれ、真面目なリーマンだったら入手できなかったと思いますよ。で、スーパーや量販店では使えなかったし、使える店では買いたいものがないし。私はJTBでうまく使えたから良かったのですが。

あとは、国民の手元に配布することになるので、少なくともこの2兆円分は政府が無駄遣いできない、ということ。配布コストはかかりますが、他人に浪費されるのを防ぐための必要経費と思えば諦めもつきます。数万円とはいえ自己責任で処理できる金が確保できるというのは、なんだか気持ちがいい。


その点、今回の「定額給付金」は、自治体からの振り込みがベースとなるようで、面倒が少なくて良いですね。
ただ個人的には、「減税・戻し税方式」とか「年金一時金方式」が良かったかな。

「減税・戻し税方式」は確定申告の還付の延長で、給付が納税金額以上の場合は戻し税として給付する方式(Sの勝手な命名)です。還付の仕組みは元々あるので混乱も少ないでしょうし、所得制限も容易。給付金の原資は結局税金という側面を国民に認識させる上でも悪くない。そう言えば、「サラリーマンに確定申告をさせて納税意識を高めるべき」と主張している人は、なぜ今回還付・戻し税方式を主張しないんでしょうかね?

「年金一時金方式」は、年金加入者に対して定額給付金を年金一時金として支給する方法(これもSの勝手な命名)です。皆加入が原則ですから、年金未加入の人は一時金受給資格がありません。加入者で未払いの場合は穴埋めに使われます。
この方式の場合、
 ・60歳(あるいは65歳)以上に加給するのも容易
 ・年金受給金額に加算する形の配布も可能(配布コストの低減)
 ・定額給付金をきっかけに若年層の未加入解消に少しでも役立つ可能性がある
 ・未払いの穴埋めにより多少なりと年金資産の好転も期待できる
 ・18歳未満の名簿(親付き)も入手できるので、18歳からの加入促進にも利用可能。
 ・実質的に受給者総数が減るので、同一原資であれば金額が増やせる
 ・「年金特別便」回答者限定にして、回答促進とか(悪のり)
といった効果が期待できます。素人考えですけどね。

ところで、
チビ穂ももらえるんですよね。何か得した気分。
これでオモチャでも買ってあげようかな。(あれ?)

|

« またもやココログ・クオリティ | トップページ | ラムダッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/43116751

この記事へのトラックバック一覧です: 定額給付金:

« またもやココログ・クオリティ | トップページ | ラムダッシュ »