« 「マスゴミ」と呼ばれ続けて | トップページ | またもやココログ・クオリティ »

Jリーグの秋春制

相当乗り遅れていますが。
初め、7月に犬飼会長が秋春制の検討をしているというニュースがでたとき、「川淵氏の積み残しだけど、唐突にブチ上げることで、反発を大きくして結果として潰すつもりなのかな」と楽観視していたのですが、コラムを書いたりしているところを見ると、結構マジっぽいし。
いや、Jリーグチームの元社長が、まさかね、と思っていたものですから。我ながら、甘いですね。

雪国である新潟の社長を専務理事にするところなんかは、この秋春制への意気込みを感じさせます。
専務理事ともなれば一方に肩入れした発言は難しくなるし、逆に推進者側としては雪国の関係者を交えて議論した結果というアリバイを作ることができます。

それにしても犬飼会長のコラムはつっこみどころ満載ですね。
例えば、雷雨と豪雨の危険性を煽っていますが、真冬の寒波と吹雪、アイスバーンの交通事故とかの方がよっぽど怖いし。世界一安全なスタジアムって、子供は兎も角、年寄りにとっては地獄ですぜ。真夏でもナイトゲームなら真冬ほど過酷ではないから。

個人的には、北国(特に豪雪地帯)の扱いをどうするか、という「具体的な」案がでてきていない現状では、賛否の判断は下せないですけど、真冬はスタジアム観戦するつもりはありません。だって真冬のスタジアムにチビ穂を連れていけないですよ、数年は。(まあナイターも時間的に微妙ですが)
……ちなみに、「1、2月をアウェーでやればいい」なんてのは、具体的な案とは言いません。

そもそも、秋春制のメリットがあまり見えないんですよ。
今の過密日程であれば、何らかの試合が真夏に実施されることは避けられないでしょうし、ウインターブレイクを入れるならなおさら。何だかんだと言ってますが、実際の所、欧州に合わせたいんでしょ?

犬飼会長のコラムを読む限り、「欧州に合わせる」という目的を極力見せないようにしているように感じるのですが、どうでしょうか。
それって、秋春制を決めた後に、もし欧州が春秋制に変わったら、戻す理由が無くて困るんじゃないのかな。

|

« 「マスゴミ」と呼ばれ続けて | トップページ | またもやココログ・クオリティ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/42979013

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグの秋春制:

« 「マスゴミ」と呼ばれ続けて | トップページ | またもやココログ・クオリティ »