« めずらしく横浜FCがらみの小ネタ | トップページ | 公園にて »

政府紙幣とか

いつのまにか政府紙幣なんて話が盛り上がっているらしく。
詳しいことは知らないけど、「政府紙幣」も「国債大量発行」も「日銀券刷りまくり」も、本質的には変わらないような気がします。これらの紙切れって結局の所、将来の徴税力が担保になっているわけで。昔はGoldでしたけどね。

「政府紙幣」だったらOKで、「日銀券刷りまくり」だったらNGってのも意味不明。「政府紙幣」を日銀に持っていって「日銀券」に替えたら、同じですよ。専門的・技術的にはいろいろあるのでしょうが、大掴みに考えたら、胡散臭さこの上ありません。

「政府紙幣」「国債大量発行」「日銀券刷りまくり」の究極の選択であれば、素直なのは「国債大量発行」でしょう。
債券という形で発行し、「国の借金」であることを明示的にすることは、国の財政状況を把握する意味で優れています。「政府紙幣」「日銀券刷りまくり」だと、将来の収入をどれだけ先食いしているかが見えにくくなります。

但し国債の場合、通常は「利子払い」「償還」があります。借り手からすると、これがきつい。利子のおかげで実質的に使える金額が目減りするし、借金を返すとき(償還時)にまとまった金が必要となります。

で、「利子は払いたくない」場合は「無利子国債」、さらに「返したくない」場合は「無利子永久国債」となりますが、赤の他人から「利子は払わないけど100万円貸せ」と言われて、ほいほい貸す人は、まあいないでしょう。ましてや「いつ返すかわからない」なんて言われた日には。
メリットがないと、人は貸し手にならないんですよね。

なので、メリットをつけようというのが「相続税免除条件付き無利子国債」です。金持ちのご老人から金を巻き上げようと言う戦略、一見良さそう。
でも結局これって、将来の相続税収入を先食いするだけなんですよね。もちろん、先食いすることでそのお金を2倍3倍と生かせる、というならメリットはありますが、それは通常の国債発行でも大差ありません。

タダ飯は食えない、ってことなんでしょうね。

で、どうせ高齢者をターゲットにするなら、

無利子・償還無し・譲渡不可の皇室債を発行し、購入残高に応じて皇室の方々とツーショット写真を撮れる、ってのはどうでしょうか。100億も買う憂国の士には天皇陛下とのツーショット、1000億だとランチ付き。少額の場合は年始一般参賀への優先入場権や恩寵品の下賜、本人死亡時にはもれなく天皇陛下からの弔電と叙勲。
皇室債の収益は、福祉とセーフティネットの充実、環境対策費にあてることとする。
……不敬罪だな。

|

« めずらしく横浜FCがらみの小ネタ | トップページ | 公園にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/44052621

この記事へのトラックバック一覧です: 政府紙幣とか:

« めずらしく横浜FCがらみの小ネタ | トップページ | 公園にて »