« 愛媛首位 | トップページ | スポンサー特別チケット引換券 »

ジェフvs川崎(TV視聴後)

フルタイムで試合をTVで見たのは、15ヶ月ぶりでしょうか。
久しぶりで90分は飽きるかな、と思いましたが、いやいや結構面白かったです。まあ同時進行している横浜FCの試合が、ザッピングしたくなるような状況ではなかったので、余計かもしれませんが。

川崎は山岸が控え、ジェフは深井が控え。ふむ。
川崎に先制点を与えるとワンサイドゲームになる可能性があるから、できれば先制点を、と思っていた矢先、米倉のセンタリングが相手DFにあたって高く上がったボールに対し、川崎側DF2人ともつられてしまい、しかも目測を誤ってお見送り。軌跡を読んでいた谷澤がGKと一対一ですかさずループ。代表GKの川島も為す統べなかったのかお見送り。
願ったり叶ったりの先制点となります。

前半のジェフは、ボールへのプレッシャーが強く、ボールを奪ってもすぐに前への意識があり、なかなか良かったです。但し先制点を取ったジェフはディフェンシブでゲームを進めていることもあり、前の人数が限られるので、あともう一人居れば、というシーンもぽつぽつあるのが。。。
どうしても巻と後ろとの距離が空き気味となってしまうのですが、巻も悪条件の割には頑張って、競りやボールの落としに獅子奮迅するも結果に繋がらず。結果を出して代表復帰して欲しいところです。

前半はジェフペースで進み、かつディフェンシブのため、川崎はいつもの「抜けてシュート」という感じではなく、DFの前で打ってくる感じ。あまり怖さは感じられません。

しかし、後半になってジェフのリズムが崩れます。

少々下村が中途半端なプレーをした(ように私には見えた)あたりから、ジュニーニョのバーを叩くシュートなど、川崎が息を吹き返します。強烈な村上のミドルもポストを叩きますが、本当にポスト様々です。まあ、跳ね返りを詰める選手がいなかったところが、まだ川崎がこの時点では本調子ではなかった、ということなのでしょう。

そして田坂の抜けだし。この抜け出しがでてくると川崎のペース。ジェフはポゼッションをどんどん奪われます。
……しかし田坂と聞いてスキンヘッドを思いだしてしまう私は、どんだけ浦島。
で、とうとうジュニーニョ。それにしても、中に切り込み、巻いて置きに行くような素晴らしいシュートでした。前半に比べてDFコンタクトが甘かったようにも見えましたが。

この頃になるとジェフはガス欠なのか、前半なら2人は行ったボールホルダーに1人しか行けなくなり、ボールを取れなくなっています。またボールを持ってもサポート不足で繋がらず、すぐに相手ボールになると言う悪循環。攻撃どころか、相手陣内になかなか入れません。これではさらにスタミナをどんどん奪われます。
途中交代の和田さんもイマイチだし、新居も結局ボールホルダーを追い回す役割に終始。ジェフのチャンスは数少ないセットプレーのみという雰囲気の中、70分に中後がボールを取られたり、78分の中村→ジュニーニョの横パス、88分の黒津をPA内で引っ張ったシーン、最後のコーナーキック連続など、ああ、終わったかも、というシーンが続出。うう。。。
しかし耐えて耐えてとうとう試合終了。価値ある勝ち点1を手中にしました。

前半の米倉の一対一が決まっていれば、という気もしないではないですが、やはりまだジェフは力不足だし完成度が低い。まだまだ我慢の日々が続きそうですねぇ。
しかし、前半の積極的ディフェンスは見ていて楽しかったし、攻撃への切り替えも良かったです。格上に対してなるべく負けない試合を続けることで、熟成させて欲しいですね。秋には笑って試合を見られるように。

#それにしても、坂本は諸刃の剣、だなあ。あとアレックスの守備が結構しつこいのでびっくり。

|

« 愛媛首位 | トップページ | スポンサー特別チケット引換券 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/44434481

この記事へのトラックバック一覧です: ジェフvs川崎(TV視聴後):

« 愛媛首位 | トップページ | スポンサー特別チケット引換券 »