« ジェフvs神戸(TV視聴後) | トップページ | ブレーキを踏みながらアクセルも踏む »

横浜FCvs水戸(TV視聴後)

若さが出た中田退場の後、GK大久保が活躍して勝ち点1を拾いました。

で済ませても良い試合ではありますが。

今日の横浜スタメン、案外若いんですね。昨年までの横浜のイメージとちょっと違います。
スタメンで26歳以上は3人だけですし、10代が2人・20歳が1人。で、その若手が試合を左右します。

まずは中田。2枚目は水戸スローインのボールを故意に外へ投げ出した遅延行為。ベテランだったらただの馬鹿ですが、20歳の新人にとっては良い経験となったことでしょう。降格もありませんし。
そして大久保。後半中盤の決定機をことごとくセーブします。特に76分と81分の高崎の至近距離シュートをセーブしたのは神。勝ち点1は大久保のおかげです。

それにしても、横浜はこなれてませんね。意欲は感じるのですが。
攻撃時は自陣深くでもショートで繋ごうとしているのですが、水戸が割と前目でプレーしているせいもあるのか、難しいパスが多くなります。余裕がないんでしょうか。
そう言えば、水戸は結構前に人数を割いていますね。一昔前は引いているイメージしかなかったのに。
守備も、1人少ないとはいえ数多くの決定機を作られていました。34分のCKから大和田をフリーにしていたのは唖然。なぜ、188cmの選手をマーク外すかなあ。

世代交代も絡み、難しい時期とは思いますが、もう少し攻守ともに組織的に成熟したプレーを見たいです。特に当方はTV視聴なので、このレベルを90分見続けるのは辛い。
まあ、当分ゆっくり見る機会もないので、いいっちゃいいんですが。

|

« ジェフvs神戸(TV視聴後) | トップページ | ブレーキを踏みながらアクセルも踏む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/45614772

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FCvs水戸(TV視聴後):

« ジェフvs神戸(TV視聴後) | トップページ | ブレーキを踏みながらアクセルも踏む »