« 風邪で休むのもなかなか大変な件 | トップページ | 横浜FCvs湘南(TV視聴後) »

大分vsジェフ(TV視聴後)

大分は15節まで勝ち点わずか4、2007年の横浜を何だか思い出します。
何とかこの苦境を脱して欲しいなとつい思ってしまいますが、ジェフ戦は、別です。

芝がぼこぼこの悪コンディションの中、そして外国人選手を初め欠場の多い中、ジェフは選手がよく最後までファイトしました。


目立ったのは深井。前半はスピードを生かした飛び出しで再三チャンスを作り、先制点。ぱっと見、GKが飛び出せば間に合うかなと思ったけれど、やっぱり本当に早いんでしょうね。ワイドに開いて受ける形に、大分は対応できていませんでした。終盤もファールを巧くもらったり、勝利に貢献していました。

もう一人挙げるとすると工藤でしょうか。後半の攻められ続けた苦しい時間帯、ダッシュで相手陣にプレッシャーをかけ続け、攻撃も積極的でした。福元も地元で成長を見せられた、というところでしょうか。益山は78分の抜けだしからのシュートが惜しかった。ちょっと迷いましたかね。

失点シーンは家長に右を抉られてしまいましたね。家長には結構手こずっていました。ウェズレイにもそこそこ納まっていたし、もっとやられていてもおかしくなかったような気もしますが、ミスも多かったですね。最後のジェフDFの頑張りも効いていました。
和田は、ちょっと微妙。「どうせクロスでしょ?」と相手にも見切られているような。54分のダフって足を痛めたシーンも、ボール止めてでは難しかったのかなあ。よくわからないけど。しかし、69分の浮き球がウェズレイの前に転がるところをクリアしたシーンは、ホントThanksでした。

|

« 風邪で休むのもなかなか大変な件 | トップページ | 横浜FCvs湘南(TV視聴後) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/45537545

この記事へのトラックバック一覧です: 大分vsジェフ(TV視聴後):

« 風邪で休むのもなかなか大変な件 | トップページ | 横浜FCvs湘南(TV視聴後) »