« 羽田をハブ化? | トップページ | 国の財政って危なくないの? »

ジェフがJ2へ降格

賞味期限切れではありますが、ファンの一人としては、やはり書いておくべきでしょう。

11月08日川崎戦@等々力、和田さんのゴールで追いつくも、レナチーニョのロスタイムハットトリックで敗戦。TVをつけると1-0で勝っていたのに同点にされ、チビ穂の散歩から帰ってきたら、同点だったのに決勝点を入れられ。私がTVを見るときは、どうも失点シーンしか見ないような気がしますが(泣)。。。

これで、数字の上でも奇跡が起こる確率は、0となりました。0です。無いんです。
個人的には山形戦の敗戦で投了の気分でしたし、この試合が始まる前も、リーグ戦の試合の一つに過ぎないと思っていましたが、いざ確定してしまうと寂しい物です。

降格を紙一重で免れたチームにしては、今年の補強は貧弱でした。
開幕時点の戦力はもちろん、去年残留争いで精神的な支柱となったような、戸田や早川的な選手が来たわけでもなく。

これが、意図した物であれば、まだ救いがあります。例えば、今年は「ユナイテッドパーク」のオープンがありましたが、この対応と補強が資金面で両立できず、前者を取った、ということなら、理解できます。設備面の大幅な改善は、クラブの財政状況、行政や議会等の協力など、いろんなファクターが揃ってできることだったりするので、チャンスを逃すと次はいつになるかわかりませんからね。
  #練習場を手に入れて、降格したチームが他にもあったなあ。。。

資金はあったけど、補強に失敗した、ということなら、話は深刻です。
仙台の梁勇基が語った『(03年11月に)当時オシム監督のJ1千葉から内定っぽい話をもらったんだけど(MF金位漫が移籍せず)在日枠が空かなくて。年が明けたら音信不通。あり得ない。』(スポニチ11/9)といった不誠実な態度が、回り回って補強の足枷になったので無ければよいのですが。
来年Jリーグから発表されるであろう「2009年度Jクラブの経営状態」を見れば、このあたりの類推ができるかもしれませんね。

あと、横浜FCファンでもある私にとって不思議なのは、阿部・寿人・勇人などを排出したユースはもちろん、ジェフリザーブズといった下部組織が充実しているイメージがあったのに、この2~3年は工藤くらいでしょうか?人材育成・発掘の実績が上がっているようには見えなかった点です。
これは、たまたまなのか、高校が強い千葉県という環境の影響なのか、育成スタッフの問題なのか。中長期で効いてくるポイントなので、よくよく分析して、効果的な手を打って欲しいところです。

それにしても、横浜Fといいジェフといい、私達(S&秋穂)にとって、川淵って本当に疫病神だわ。

|

« 羽田をハブ化? | トップページ | 国の財政って危なくないの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/46783762

この記事へのトラックバック一覧です: ジェフがJ2へ降格:

« 羽田をハブ化? | トップページ | 国の財政って危なくないの? »