« ジェフがJ2へ降格 | トップページ | 行く年来る年 »

国の財政って危なくないの?

「デフレや不景気を解消するために」「福祉や地方経済の充実のために」と、国の財布を当てにする政治家や国民が多すぎて、大変な状況ですね。

公開裁判で枝葉を少々落としたところで、埋蔵金とやらの「へそくり」を見つけたところで、雀の涙。税収も少なく、国債を買ってくれて初めて財政が成り立つ状況です。国債の買い手の確保のためか、亀井氏の陰に隠れてなりふり構わず郵政の実質国有化まで行うのですから、その危機感が伝わってきます。

しかし、専門家は割と楽観的なんですよね。例えば、AERAに連載している「ぐっちー氏」は、
『今の800兆円の借金は、現在の1.5倍の金利、3%で計算して24兆円の利息、それにまつわる経費を足してざっくり30兆円もあればあればやっていけることになる。(中略)税収は、こんなに酷い状況下でさえ40兆円もあるわけです。これ、どうみても楽勝でしょう??』と。

私なんかは、こんな話を読むとかえって不安になります。
だって、今の800兆円の借金を「維持するだけ」で30兆円かかるわけでしょ?
とすると。(借り換えはするとしても)追加の借金をしなかったら、その年に使える実質予算は40兆円(税収)-30兆円(国債費)=10兆円しか無いんですよ。今の予算規模だと、一般歳出(国債費除く)+地方交付金等 だけでも合計60兆円程度はあったと思うのですが、その差はどうするんでしょうか。この上、雪だるま式に、さらに国債を増やすのでしょうか。

まあ、この人は、『国家財政は家計ではないのですから、プライマリーバランスがバランスしている限りにおいて、心配いらない』と主張している方なので、主流ではないかもしれません。いや、本当に(彼が前提に置くように)日本がプライマリーバランスしているなら、私もこんな心配しなくて済むのですけど、60兆円-40兆円=マイナス20兆円、ですよね?
ちなみにこの方のblog、ポジショントークが少なめの知識系の記事は面白いのでお薦めです。最近だと、HFT(高頻度取引)とか、CDO(債務担保証券)あたりでしょうか。


……話がずれました。国の借金の話であります。

確かに国の借金は返す必要はありません。優良企業の借金も返す必要はありません。しかし個人の借金は返す必要があります。
何が違うかというと、
 ・国の借金は、国民から永続的に(税金などで)吸い上げて返済に充てられる
 ・優良企業は、永続的に収益を得られるので、返済資金の調達に困らない
 ・個人は、定年や傷病、死亡などでいつかは返済できなくなる
という想定があるんですよね。
逆に言うと、その想定がくずれると、話は変わってきます。

たとえば、優良と言われ格付けAAAなどと言われていた企業が、不祥事や粉飾などで信用失墜することでBBB以下に大幅格下げされたりします。借金などの返済(あるいは借り換え)能力に疑問を持たれることで、「借金を返す必要がない→借金を返す必要がある」と変化しちゃうんですね。売上が減る上に、借金返済しろと急に言われたら大変。そもそも、現金が足りないから借金するわけで。
不況による貸し渋りによる倒産も、この流れの一つでしょう。今まで、金利をもらえれば元本は気にしなかったのに、元本が危ないという意識に変わることで、元本を取り返そう(借金を返してもらおう)という動きになり、それが他の貸し手に波及する。借り手の方は借金返済を一度に要求され、借り換えもできない、となれば余裕のない企業はお手上げです。

では、国はどうでしょう。自転車操業を続けられるかどうかは、
 ・借り入れ能力はあるか
 ・貸し手側の消化能力はあるか
がポイントだと思います。

○借り入れ能力

800兆円だけを借り換えする(新たな借金は作らない)にしても、金利は払う必要があります。先ほどのぐっちー氏のシナリオで言えば毎年24兆円。その分は、一般歳出を削減するか、増税で収入を増やすかのどちらか(あるいは両方)で捻出する必要があります。しかし高齢化が進む昨今、医療・福祉費は増加傾向で、(納税者でもある)勤労者は減少傾向ですから、年々ハードルが上がっていきます。

さらに今の予算現状では(借り換えだけでなく)追加の借金は避けられないのですから、そのうち(返済どころか)金利負担すら耐えられない時期が来るかもしれません。


○貸し手消化能力

国債を返済する能力はないのですから、国債を買ってくれて初めて財政が成り立つ状態です。
ぐっちー氏は『800兆のうち95%が国内で賄われている(中略)だから皆さんが今日返せ、というリスクは限りなくゼロ』とAERAに書いていますが、逆に「日本国債は外国にとって魅力がない」ので「国内で消化できなかったら貸し手が期待できない」ですが、かと言って「外国人投資家が増えるとヤバイ」ということでもあります。

現在の日本国債は、主に国民の預貯金を使って消化されています。
例えば団塊世代の場合、引退直後のため預貯金残高が多いですが、今後は(収入が年金だけとなり)残高は減る一方となります。また勤労世代についても不況もあり預貯金取り崩しの傾向があります。さらに人口減で、預貯金を積み上げる側の40代以下の世代人口が減っていくわけですし。
そんなこんなで、国民の預貯金が増加しない中、国債の借り換えや追加発行に応えられるのか、は不安です。国内で消化できない場合は海外を当てにする必要がありますが、今の金利では魅力がないので金利を上げざるを得ないでしょう。例えば、1000兆円で1%上がると年間10兆円は余分に払う必要があります。

ぐっちー氏の言うとおり、『プライマリーバランスがバランスしている限りにおいて心配いらない』でしょうが、今の雪だるま式の借金地獄だと、いつか破綻するのだろうと想像します。
プライマリーバランスって、誤解を恐れず平たく言えば「身の丈にあった生活をしましょう」ということ。借金がらみのお金を除いて、収入の範囲で支出をしましょうということ。でも今は、サラ金借りまくりの自転車操業。
でも「いやいや、国は借りまくっても大丈夫なんだよ」と言う専門家も多くいます。が、それって、個人や会社なら「借りまくって浪費したらいつかは破綻する」ってのが「国だけ例外」ってことですよね。どうも理解できないんでだよなぁ。

---
結局、先送り先送りで放置して、ある時突然どうにもならなくなり、
 ①大増税や、年金・医療・福祉などの切り捨てなどで原資を作る
 ②発行しまくってハイパーインフレにする→実質借金を減らす
 ③平成の徳政令で借金棒引き(デフォルト)にする
 ④預貯金の形で日本国債を実質的に大量保有する年寄りから、相続税の形で回収する
のどれかが発動することになるような気もします。杞憂だといいのだけど。

|

« ジェフがJ2へ降格 | トップページ | 行く年来る年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/46955440

この記事へのトラックバック一覧です: 国の財政って危なくないの?:

« ジェフがJ2へ降格 | トップページ | 行く年来る年 »