« 岡山vs横浜FC(TV視聴後) | トップページ | 雑感 »

ジェフvs鳥栖(観戦後)

前回は2007年ホーム最終戦、身重の嫁さんと、とぼとぼと帰った名古屋戦でした。

2年4ヶ月ぶりのフクアリです。
歩道橋を登ると、K's電器はあるは、フットサルコートはあるは、ガストやココ壱はあるは。グローボって言うんですか。さらにフクアリの直前は、357号線と平行してガンガン車が流れています。前は、ここでL字に357へ流れていたのですが。ホント、浦島状態ですよ。

KickOff1時間以上前に着いたのですが、岡本のカードとニッカンの号外だけ。開幕戦にありがちなお土産やチラシはもちろん、マッチデーすらありません。階段登った後のゲートも1箇所だけ。そういえば、歩道橋までは警備員も殆ど居ませんでした。経費節減でしょうか。

何にしても、スタジアムはやっぱり良いですね。試合を見ても面白さが桁違いです。バックはお日さまも当たって気持ち良く、上着も脱ぐほど。久しぶりすぎて、日よけの帽子を忘れたのはご愛敬。
KickOffまでには、Away・SB1階席はほぼ満員という感じです。席に荷物を置いている人もぽつぽつ居ましたけど。懐かしいOver The Rainbowを聴けば試合開始です。

始まってみると、イマイチ感が。
狭いところをゴリゴリ進もうとしているのですが、鳥栖の網にかかりうまくいきません。サイドに展開すれば?と思うのですが、SBが深い位置にいるため、サイドのスペースを使えません。鳥栖のサイド攻撃をケアするためなのでしょうか?これでは真ん中にスペースは生まれません。
DFからの長めのボールも、精度が悪いのか受け手が悪いのか、きちんと収まりません。特に巻は精彩を欠いています。まあ、長く使ってあげないと生きてこない選手ではありますが、これならネットあたりを使った方がいいかもね。

個々人の技術は鳥栖よりも上なのですから、集団対集団ではなく、広く使って一対一に持ち込めば、局面で勝つ可能性が高くなるのに、と私のような素人は思ってしまいます。
対して鳥栖は、サイドの意識が高く、同一サイドには必ず外側にもう1枚走っていますし、逆サイドもスペースを突いてパスを受けられるようになっています。まあこれは、いつもの鳥栖なのですが、今日のように真ん中に集まりがちのチームにとっては、相性の悪い相手かもしれません。
前後半通じて、結構シュートまで持ち込まれていました。まあ、そのシュートが決まらないのが、これまたいつもの鳥栖なのですが。決定力のある選手が居れば、前半1点取っていれば、ジェフに勝っていても不思議ではなかったでしょう。

で、後半。
前半より横幅を使い始めると早速、工藤→米倉で1点。ホント、ホッとしました。そして、勇人→米倉で2点目。初め外したかと思ったのですが、ループだったんですね。勇人のパスも、スピードといいコースといい、素晴らしかった。
ここからは、殴り合いの気配。鳥栖が2点を追いかけて攻撃的に来るのは当然なのですが、マークが甘いのかPA付近でも結構シュートを打たれます。手を使うプレーに厳しくなった影響かもしれませんが、修正して欲しいところです。
また、追加点が取れなかったのも気になります。


勝つには勝ちましたが、内容は。。。今後の厳しさが垣間見えて、私は手放しでは喜べませんでした。とはいえ、今のジェフにとっては勝利が最高の薬。これをきっかけに、勝ち点を積み上げながら改善していって欲しいところです。
今日の収穫は米倉。いいですね。おもいっきりがいいし。隊長……90分は厳しいか。ミリガンのロングスローは強力だけど微妙。ターゲットが一人減ってしまうし。

今日の結論。
やっぱりサッカーはスタジアムで観るべきです。

|

« 岡山vs横浜FC(TV視聴後) | トップページ | 雑感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/47812254

この記事へのトラックバック一覧です: ジェフvs鳥栖(観戦後):

« 岡山vs横浜FC(TV視聴後) | トップページ | 雑感 »