« 日本vsデンマーク(TV視聴後) | トップページ | Sにとっての参議院選挙の選択 »

日本vsパラグアイ(TV視聴後)

いろいろ忙しく、今頃になってしまいました。ということで、記録がてら。

日本代表は頑張っていましたよね。膠着状態でお互いミスも多く、サッカーコンテンツとしてはどうよ、という印象もありましたが、当事者にとっては手に汗握る展開でもありました。
チビ穂が起きないよう、無声でTVを見ておりましたが、ピンチやチャンスの度、窓の外から女性の叫び声が聞こえてくるんですよね。なまじ音声があるより面白かったかも。

パラグアイと日本のサッカーはよく似た印象でした。違うタイプのチームとの対戦の方が面白いのでしょうか。プロのチームがチーム色のあるサッカーを目指すのは、試合を面白くするための潜在的な欲求なのだろうか、などと頭を巡り、気がつくと試合から気が逸れています。やっぱり、思い入れが不足しているのでしょう。正直、試合はあまり楽しめなかったなあ。

試合は、思ったより競り勝ってましたが、前にボールが収まりません。デンマーク戦などとは様相が異なります。
こう、守れてはいるけれど、攻め手がない。攻撃力の不足するチームの上限を見たような気がしました。いくら守備力を上げても、勝ち上がるには限界がある、やはり攻撃力をつけないと次のステップには上がれない、と痛感しました。
そして、いくら走り勝っても、延長の切り札が玉田というのも、このチームの限界。やはり決勝トーナメントで勝ち上がる実力は持っていないのだなあ、と、試合を見ながら妙に納得。残念だけど。

PK戦は惜しかったですね。
セオリーから言えば、疲労の少ない交代選手が優先されるべきなのでしょう。岡田監督も成功率の高い選手を選んだという趣旨で発言されていたように思いますが、私には「誰が決められるか」ではなく「誰なら失敗しても皆が納得するか」で決めたように感じました。でDF代表としての駒野が蹴って失敗したと。そして、そこで生じた結果を皆が受け入れる頃ができたと。
もちろんこれは私の勝手な妄想ですが、私としてはこのシナリオが一番しっくり来ます。チームを大切にした彼の選択として自然にみえますし、何となく日本人のメンタリティーにも合致するような気がしました。

こんな試合を見せられたら、次のW杯は期待せずにはおられないですね。
それにしても、岡田監督、そして選手、関係者の皆さん、お疲れ様でした。

|

« 日本vsデンマーク(TV視聴後) | トップページ | Sにとっての参議院選挙の選択 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/48815251

この記事へのトラックバック一覧です: 日本vsパラグアイ(TV視聴後):

« 日本vsデンマーク(TV視聴後) | トップページ | Sにとっての参議院選挙の選択 »