« iTunesで日本語が表示されない件 | トップページ | 2010年の感想(サッカー) »

ジェフvs徳島(観戦後)

ああなんと、約3ヶ月半ぶりのblogですね。
世の中も色々あり、書きたいことも色々あったのですが、今の生活はチビ穂優先ですから。
しかし今日、そのチビ穂は秋穂の実家に帰省中でして、しかも予定していた休日出勤が取りやめとなりました。今日はJ2最終節、これは現場に行かねば。

勝っても負けても、順位にすら関係のない消化試合。しかし、ホーム最終試合、今期最終試合、江尻監督の最後の試合。彼らが1年間やりたかったサッカーを見せてくれるだろう、その期待を胸にフクアリへ向かいました。

最終節で混む可能性ありと思い、頑張って11時前に到着します。SA(Away側)は日向と想定していましたが、フクアリってゴール裏側から日が当たるんですね。しかし12時過ぎからは日も当たるようになり、風も穏やかで、小春日和のサッカー観戦には最高の気候です。
しかし、意外に観客が少なめ。まあAway側の集客が臨めないという面はありますが、それにしても最終節にしては、という気もします。

で、肝心の試合です。
私は6月の愛媛戦以降、ジェフの試合を現場で見ていません。なので、この試合の内容が今までの試合と比べてどうだったか、を述べることもできません。もし、この試合が今までの試合の典型例なのだとしたら、ですが、

『これでは昇格は難しかっただろうな』

何というか、熟成が感じれないのです。
この試合、36試合目、ですよね? 特に攻撃時の約束があまりないのか、ボールをもらってからパスコースを探すようなぎごちなさを受けますし、カウンタ時も反対サイドのサポートがありませんし、かと思うと、反対サイドの深いところに2人居るのに上がらなかったりするし。
もちろん、徳島の守備も頑張っていましたが、最終ラインに戻してもパスコースが無くてあやうくインターセプト、とか勘弁。選手も頑張っていたのでしょうが、効果的な動きが少々足りないようにも見えました。
特に気になったのはアレックスと林。個人もそうですが、この2人の連携もちぐはぐに見えました。

後半序盤に先制されて、「ああ、このままずるずるかな」と思っていましたが、深井投入前後から風向きが変わりましたね。特に、深井の積極姿勢が良く、他の選手にも良い影響を与えたように見えました。
しかし、決定機をことごとく外す運の無さ。今日はジェフの日では無いのかな、と思って諦めかけたロスタイム、米倉のスーパーゴールです。素晴らしいゴールでした。


9934人と入場者数は少なかったものの、試合後の挨拶まで殆どの方が残っていました。昇格を逃したジェフにとって、このサポーターは財産です。ジェフの社長は「分析を行い対策する」と公言していましたが、是非ともこのサポータ達を幸せにできるよう、来期の準備を始めていただきたいものです。

それにしても、やはり運営はこなれていますね。
試合後、1年を振り替えるVTRが流れ、それが終わってピッチを見ると選手が整列済みという段取りの良さ。横浜FCとかだと、こうはいかないだろうな……

|

« iTunesで日本語が表示されない件 | トップページ | 2010年の感想(サッカー) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/50208842

この記事へのトラックバック一覧です: ジェフvs徳島(観戦後):

« iTunesで日本語が表示されない件 | トップページ | 2010年の感想(サッカー) »