« 千葉県議会議員選挙 | トップページ | やっぱり当面は原子力発電が必要 »

ジェフvs札幌(観戦後)

幼稚園も夏休み突入、ということでチビ穂は秋穂と帰省です。サッカー観戦は今年最後の機会かもなのですが、いろいろ用事もあったりで、横浜FCとジェフを天秤に。
「土曜は日曜より涼しい」「生オーロイ」→フクアリに即決!

今年最初で最後の観戦ということで、初めて「ジェフシート」を奮発してみましたが、うーん、微妙。
やっぱり自分で席を選べないのがまず不満。まあ、動けばいいのですが、指定の客はKickOff後でも来るケースがままあるので、落ち着かないのもイマイチ。あと、電光サイネージが鬱陶しい。気になって試合に集中できなかったりします。ジェット・スフィーンやインタビューを見るには良いのですが、サッカー観戦が目的ですし。
直射日光の加減はありますが、今程度の客の入りであればSA自由がいいなあ。

で、その生オーロイ。大きいですね。深井選手と手を繋いでアップをする姿が、チビ穂と秋穂のダンスを見ているようで。深井vsオーロイは公称43cm差、チビ穂vs秋穂は65cm差程度なんですけど、でもそんな感じ。って読んでる人にはちんぷんかんぷんでしょうが。
CBの選手と比べても、頭一つ抜けている感じ。こりゃ相手にとっても脅威でしょう。

前に張っているときは2人でカバーされているオーロイですが、結構ボールを受けにいったり守りに行ったりで、前後の動きもありますね。ポストもそれなりですが、ヘッドのポストも結構有効。札幌がファールやサイドに逃げても、FKやスローインからオーロイの頭がありますし、オーロイ飛ばしてのパターンもあるので、守る方は結構辛いと思います。

「札幌にボールが渡らなければ勝利は確実だよね」という考えからなのか、前半からポゼッションを重視した試合運びに見えました。試合後のコメントを見ると「2-0になってからはポゼッションをして」って言ってるなぁ。うーん、始めからに見えたのだけど、気のせいかなあ。

で、村井初ボランチってこともあり、ポゼッションで奪われてのカウンターが結構怖かったのですが、札幌の攻撃は不発。ジェフが上手に中盤でボールを奪っていきます。そうなると札幌も無闇にラインを上げられませんし、内村が孤立気味。たまにあるピンチも、岡本がファインセーブ。ジェフはポゼッションからいくつもチャンスを作ります。チャンスを逸しながらも淡々と点を積み重ね、時間を使って、最後は藤田も出したりして試合をクローズします。

と書くと、完璧な試合に見えますね。実際、試合後の監督コメントでも「今日のゲームは、その中で、一番いいゲームだったと思っている」とあります。苦手札幌に何もさせなかったのも事実ですね。

でも、何か違和感あるなあ。

前半ロスタイムに先制する前でも、カウンターで妙にボールを大切にするし、一方で後ろのボール回しは妙に危なっかしいところもあったり。深井・オーロイのコンビネーションなどはありましたが、どこかでファールを貰えばいいという攻撃の進め方に見えたり。トライが個人ベース。
もちろん、勝つための戦術なり戦略なのですから文句を言う筋合いはないですし、実戦観戦が乏しい私の単なる思い違いなのでしょうが、そう、ワクワク感がなかったんですよ。完璧な試合なのに、心は不完全燃焼。

……うーん、久しぶりだったので、期待過剰だったのかなあ。

|

« 千葉県議会議員選挙 | トップページ | やっぱり当面は原子力発電が必要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/52289495

この記事へのトラックバック一覧です: ジェフvs札幌(観戦後):

« 千葉県議会議員選挙 | トップページ | やっぱり当面は原子力発電が必要 »