« やっぱり当面は原子力発電が必要 | トップページ | 放射能物質と対策レベル »

やっぱり当面は原子力発電が必要……の補足

最初なので、結構オブラートに包んだ書き方でしたが、「ぜん」さまのコメントにレスをつける形で、もう少し補足したいと思います。


>エネルギーのポートフォリオみたいな感じで

これは重要ですね。各エネルギーの特性を組み合わせることで、効率的フロンティアを得られる可能性がありますね。


>リスク分散をしつつ原子力をフェードアウトしていくのが合理的かなと

フェードアウトさせるのが合理的かどうかは、半信半疑という認識です。例えば、老朽化する原子炉を最新型に置き換えることで、リスク低減と発電量増加、というシナリオもあります。
もちろん「現在の」国民感情を考えると現実的ではないかもしれませんが、例えば深刻な「石油ショック」とそれに乗じたロシアなどのLNG売り惜しみが起こったら、日本のムードがどうなるか。
まあ、エネルギーを選べる今はある意味幸せとも言えますね。経済縮小すれば、買えるものも買えなくなるわけで。


>自然エネルギーは(水力も見ようによっちゃ自然)地域特性によって選択。

総論としてはそうなんでしょうね。しかし「補助金」頼りですから、経済性を基盤とした「地域特性」という概念は、二の次となる可能性も大きいでしょう。
今、放射能で「故郷を捨てざるを得ない人」の問題に注目が集まっていますが、「自然」エネルギーもその側面を持っています。特に水力はそうですね。休耕田を利用した太陽光発電も、棄農を強制するという側面も出てくるでしょう。それをまとめるには、原子力と同様の「力の論理」が発生します。その面でも「地域特性」は忘れ去れれがちになるかと。


>電気への依存度を下げる方策を進めるのも得策かな。コージェネで熱利用を増やせば、それだけ電力消費を減らせる。

イニシャルコストの低減は必要ですが、その通りですね。逆に、直流送電など、損耗電力を減らす(効率的な発電・送電)手段も重要です。
ただ、発電という面では、夏のピークがポイントですから、コージェネで言えば冷熱や燃料電池に期待したいところです。


>多大な労力と輸送コストをかけてゴミを集めて燃やすぐらいなら、風呂を沸かしたり暖炉か薪ストーブにしたらよろしい。

総論は同意ですが、家庭ゴミだと(初期投資すれば別ですが)安全・簡単にエネルギーとして使えるゴミは、実はあまりなかったりしませんか?
ただ地域単位で見れば、原発に限らず、発電所やゴミ焼却所、下水処理所は迷惑施設なのだから、その近隣世帯には余剰エネルギーを無償提供すればいいと思いますよ。床暖房のランニングが0円って、魅力的じゃない?


>夏休みやというのにクーラーをかけて補習授業をするのも禁止して・・・・・。

だめです(笑)。将来への投資なのですから。


>消費生活のレベルをバブル以前に戻す覚悟が、どっかの段階で必要になる。だって、人口減少期やもん。

覚悟なんてしなくても、このままだと戻るでしょ?
エネルギー政策で下手をうったら、それが加速しますよ、ってことで。


#次は、放射性物質について、書ければいいなあ

|

« やっぱり当面は原子力発電が必要 | トップページ | 放射能物質と対策レベル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/52608025

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり当面は原子力発電が必要……の補足:

« やっぱり当面は原子力発電が必要 | トップページ | 放射能物質と対策レベル »