« 2012年のニュースにコメント | トップページ | Jetstar(ジェットスター国内線)を予約してみた »

ジェフvs愛媛(観戦後)

あけましておめでとうございます。(笑)
今年初めてのBlogと相成りました。今年もよろしくお願いいたします。

  #今年最後の更新かもしれませんが(笑)

今年最初で最後(かも)のサッカー観戦、ジェフvs愛媛というのは私にとっては願ったり叶ったりです。しかし、春の清々しいお日さまを浴びての観戦とはいきません。GWのナイターは勘弁して欲しいなあ。

蘇我には17時半ごろ着いたのですが、当日券購入に手間取ったので、愛媛物産展(?)はスルーして18時頃に着席、ほどなくジェット・スフィーンが始まりました。当日券ってSuicaで買えるんですね。いつも前売りなので知らなかったよ。これは便利だ。

昼は結構温かかったのですが、日が落ちると寒い寒い。一応マフラーと膝掛け、旧SANYOのeneloopカイロの重装備だったのですが、ダウンを着てくれば良かったと後悔する始末です。この気温なら、マスコットの中の人は快適だったかも。そういえば金太君は初めて見ましたが小さいですね。中の人は子供?。今日は一平君がお疲れなのか大人しかった気が。

今日はジェフに肩入れしようと思っていましたが、試合が始まると徐々に愛媛びいきに。
いや、ジェフがグダグダなのか、愛媛が良いのか。愛媛は繋ぐサッカーで、緩慢なジェフのプレスをいなし、真ん中へ、ワイドへ、詰まれば落ち着いて組み直しと、自信を持ってポゼッションします。どちらが格上かわかりません。
ジェフもボールを持てばカウンターですが、ケンペスあたりがドリブルで突破しても、押上げが遅くて単発になったりと、攻撃の狙いが良くわかりませんでした。そういえば、前半ジェフはオフサイドも無かったのではないでしょうか。

前半25分くらいまでは圧倒的に愛媛ペース。前半30分頃から少しずつジェフもペースを掴みます。後半15分くらいまでに、GK岡本と何度か一対一となったりしたいくつかの決定機を愛媛が決めていれば、あるいはこの試合の行方も変わっていたかもしれません。

愛媛は、パスサッカーに固執して得たポゼッション能力もありますが、大きいのはFWもサイドのカバーにダッシュする献身的な運動量。しかし、90分続けるのは難しいものがあります。そして、その隙を突ける戦力をジェフは持っています。

後半8分に深井が入り、試合の流れが徐々にジェフに傾きます。ジェフの選手達もワイドな展開を思い出したのか、18分、20分とジェフがワイドな展開から決定機を迎え、20分に先制。
22分にするすると愛媛の選手に中央を突かれてシュートを打たれるなど、ジェフの守備がピリッとしないところが付け目かなと淡い期待を抱くも、良くわからないPKで2点差とされ、万事休す。愛媛に2点差をひっくり返す余力はなく、試合終了です。


ジェフは後半勝負のプランだったのでしょうが、攻撃の形がそれほど確立していない(ように見える)現状では、前半のように相手に好きにさせてはリスクが大きすぎるでしょう。0-1にされて、引かれてサイドをケアされたら、逆転できる可能性は余り大きくないのではと(この試合を見る限りですが)感じました。

愛媛は、我慢してパスサッカーを続けているようで、芽も出かけているように感じました。試合展開によっては、上位をいじめる存在になるかもしれません。ただ、先制→リトリートのプランが崩れたときの手があるかと言えば。。。さらに夏をどう乗り切るか。
とはいえ、縦ポンサッカーでは明日がないでしょう。毎試合見ているサポータには胃が痛いシーズンになりそうですが、降格しないように、なんとかこのサッカーを続けて欲しいな、と思います。

#両チームとも今シーズンは初見なので、感想が頓珍漢かもしれませんがご容赦を。

|

« 2012年のニュースにコメント | トップページ | Jetstar(ジェットスター国内線)を予約してみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/57303980

この記事へのトラックバック一覧です: ジェフvs愛媛(観戦後):

« 2012年のニュースにコメント | トップページ | Jetstar(ジェットスター国内線)を予約してみた »