« 2016年のニュースにコメント(政治・経済編) | トップページ

2016年のニュースにコメント(社会・スポーツ編)

裏取ってませんよ。

○「保育所落ちた」騒動
○ニボルマブ(オプジーボ)
○リオデジャネイロオリンピック
○ジェフCS出場ならず
○鹿島躍進

○「保育所落ちた」騒動

問題は、公営保育所の競争率が高すぎることでしょう。
なぜ高いか。高い品質のサービスが最安値で提供されているから。
なぜ公営保育所が安いか。保育料以外の内外補填が大きいから。
なぜ民営保育所が増えないか。設営条件が厳しく内外補填も少ないから。

と考えると、内外補填をバウチャーにすれば良いと思うんですよ。保育所間の競争も産まれますし、利用者は選択肢が増えます。事業者の採算性も向上するでしょうから、参入増加や運用の多様性により、全体的な受け入れ人数も増加するでしょう。
その保育に幾らかかっているか、もわかりやすくなります。利用者の皆さん、育児のアウトソースコストを軽く見すぎですよ。経済的には、パートのために保育所預ける、って収支合わないでしょ。


○高額薬剤問題

免疫チェックポイント阻害薬ニボルマブ(オプジーボ)は、開発費(固定費)が高く、当初の対象患者数が少ないと想定されたため、単価が高くなった側面がありますね。想定疾病以外にも効果が確認されたため適用数が増えると、単価が変わらない限り総額が増えてしまい、日本の医療費に対するインパクトは相当の物になります。とはいえ逆に開発費を回収できないような薬価にしてしまうと、新薬創生のモチベーションが無くなります。
保険適用の薬価算定について、「固定費を回収できた段階で大幅に見直す」「出荷数or利用数に応じた階段薬価にする」「指定薬について高額医療費上限に自己負担額を追加する」などの抑制策が必要かもしれません。


○リオデジャネイロオリンピック

開催前には「施設・インフラ完成の遅れ」「大規模抗議デモ」「ジカ熱」などの騒ぎがあり、どうなることかと思っていましたが、無事に開催。私はあまり見ませんでしたが、その中では卓球女子が面白かったです。サッカーはノーコメント、パラリンピックでは車いすラグビーが楽しめました。
パラリンピックは(車いすや義足などの)補助器具にお金がかかりそうですね。仕方ないことなんでしょうが、選手の力より道具側の技術革新が重要になったりしないか、心配です。


○ジェフCS出場ならず

勝てない事実より、関塚3年体制で積み上げた物が見えなかったのが辛かったです。この3年はなんだったのかと。とはいえ、年初の選手シャッフルでコスト削減が出来たとの噂を信じるなら、2017年は勝負の年、ですよね。
子連れ観戦はJ2の方が楽ですが、子供も大きくなってきましたし、もうJ1に行っても問題ないですよ。


○鹿島躍進

クラブW杯決勝は、私が見た12月の試合で最も面白かった試合でした。(2位は市船橋vs京都橘)2枚目の黄色が出たら、バーを叩いたシュートが入っていたら、とかの「たられば」はありますが、それを抜きにしても「ここまで来たか」と感慨深かったです。
次回は、ACL優勝国としてクラブW杯決勝に出て欲しいなあ。

|

« 2016年のニュースにコメント(政治・経済編) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/92399/64702406

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年のニュースにコメント(社会・スポーツ編):

« 2016年のニュースにコメント(政治・経済編) | トップページ