iTunesで日本語が表示されない件

iTunesを起動すると、最新版のインストールをしないか?とのお誘い。時間も多少あったので、「いいよ」とインストールすると9.1.2.5にバージョンアップされました。
……しかし、メニューなどが全て英語表示 orz


続きを読む "iTunesで日本語が表示されない件"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音が低く聞こえる

先月下旬から風邪をひいてまして、この2~3日は微熱も収まったものの、まだしゃべると咳がでます。今年の風邪はしつこいですね。皆さんご自愛ください。
で、たまたま風邪のひき初めに別件(内科)で通院したので、ついでに「咳が出て」と医者に言うと、「風邪の基本パッケージ」を処方してくれました。「熱下げ・痛み緩和」「咳の緩和」「鼻炎緩和」「抗生物質」の4種類です。最近流行っているとかで、喉なんて見もしないし(笑)。まあ、こちらも症状さえ緩和してもらえれば、それでいいのです。

数日薬でも飲んでいれば、そのうち治るだろう。但し熱はないので1つ目は飲むのは止めておこう。
……と、その時は気楽に考えていました。

続きを読む "音が低く聞こえる"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

iPod nanoとiTunesのマイレート

備忘として。

CDインポートした後、今後も聴きたい曲を選別するためにiPodで「マイレート」を設定するのですが、iTunesへ同期させる度にそのレートが消えてしまうのです。今までは、そんなこと無かったのに。。。
もちろん、iTunes側ではレートを変更していないし、iPodでレートを変更した曲はiTunesでは再生すらしていません。
ぐーぐる先生に聞いても、「知らねぇよ」とのこと。iTunes側で設定するとnanoに反映されるのになあ。

何が違うのか、よくよく考えてみると、この2~3日はiPodの同期をする前にiTunesで音楽を聴いていたんです。
もしかして、と思い。iTunesを終了してから、iPodでレートを設定した後に同期をすると、見事レートがiTunes側にも反映されました。
どうやら、iPodとiTunesの利用日時を比較して同期方法を変化させているようです。テストケースが少ないので、確たる話ではないですけど。

それにしてもiTunes/iPodって、曲単位にレート更新日時を持っていないんですね。これは要注意だな。ま、iTunesを普段使わなければ良いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

崖の上のポニョ

『LISMOの課金は1曲420円だが、iTunesでは99セント。音楽の価値が4分の1と評価されているわけだ。権利者の価値を大事にしたいという思いが強いところは、LISMOのビジネスモデルを高く評価してくれるはず』と、KDDI取締役のインタビューが載っていますが、こちらの指摘するとおり、とんでも、ですね。とりあえず、『LISMOのビジネスモデルを高く評価してくれる』人が誰なのか、是非知りたいところです。いるのかな。

まあ、LISMO420円が正しいとして、iTunes99セント→120円と仮定すると、差額は300円。上記の文脈だと、まるでその300円の相当量が権利者に行くように聞こえます。公開情報から計算できる権利者の取り分の実額ではなく、流通コストや利益を乗せた定価ベースで語るってのは、「ある種の錯覚を期待している」と思われても仕方ないでしょう。
素材の価値が違うでも無し、缶コーヒーを120円でなく480円で売って「偉いだろ?」と言われてるような気すら。

携帯はそもそも嫌いだし、着うたに価値も感じないので、どうでもいいのですけど。

で、昨日本屋の前を通ると、聞いたことのない歌が。近づくと、「崖の上のポニョ」のプロモーションビデオ。
あれ、もしかして、私は、あれだけ有名な、半年前からプロモされていた、「崖の上のポニョ」の歌を聴いたことがなかったのか。。。確かにこのところ民放を殆ど見ていないのは事実ですが、一度聞いたら頭から離れないという、「崖の上のポニョ」の魔の手から半年も逃れ続けたというのは、ある意味すごいことかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の歌は……とお嘆きの貴兄に・2

懐かしい「コンピューターおばあちゃん」はいかがですか?

この曲、結構好きなんですよ。
といっても、この唄がお薦め、という訳ではなくて、このヴォーカルがポイント。最近有名になった「初音ミク」です。この初音ミク、もちろん元ネタは人間の声ですが、音声合成でボーカルパートを作成できる「歌声ソフトウェアシンセサイザ」なんです。
いままで(現実的には)、打ち込みでボーカルだけは再現できなかったのですが、このレベルまで来れば、素人が楽しむには使えそうです。声質も、初音ミクはアニメ声ですが、今後も別音源が発売されるとのこと。

土日DTMミュージシャン万歳、って感じじゃないでしょうか。
実際にオリジナル曲も結構ニコニコ動画に上がっているようだし。
嘆くくらいなら、作ってしまうってのも良さそうです。

続きを読む "最近の歌は……とお嘆きの貴兄に・2"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の歌は……とお嘆きの貴兄に

おしりかじり虫~♪
みんなのうた」で絶賛放映中。画像とセットでどうぞ。

……Shop99の歌が頭からやっと消えたと思ったら。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無題

あれから1年経ちました。
この1年で、チームは大きく成長しました。
だーびっつさん、彼らの勇姿、見ているでしょうか。
あと少しです。見守ってやってください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

深響洞

コントラバスという楽器があります。バスというからには低音ですね。オーケストラやジャズステージで見ることのできる、背丈ほどある弦楽器です。
「バイオリンの音」「フルートの音」といった高音域の楽器は、人気もあり、皆注目します。声楽で言えば、ソプラノですかね。では、コントラバスの音って? ……なんかボンボンリズムを刻んでいたりするくらいしか印象無かったりしそうです。低音系は見せ場が少ないんですよね。コーラスでもベースだと、筑波山麓合唱団(デューク・エイセス)という曲にある「コンダクターはガマガエル~」が一番有名なフレーズだったりして。

しかし、低音というのは実に魅力的です。豊かな響きは、耳にだけでなく、全身を震わせる力と幅があります。
「深響洞」というユニットは、低音を司る楽器であるコントラバス「だけ」で音楽を作ってみようという、クリエイティブな奏者の集まりです。先日、そのコンサートが目黒パーシモンホール(小ホール)で行われました。

続きを読む "深響洞"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

環境改善をしよう(5)

USBタイプのSoundBlasterを買ってみました。アナログ音源をデジタル化したかったので。
我が家にはUSEN440が入っているのですが、以前書いたようにiPodで聞くことができません。もちろんMDに入れればいいのですが、昔書いたように面倒だし。しかもテープデッキは確か新入社員時代に買ったもので、老朽化が目立つし。
まあでもここだけの話、私個人の最大の目的は、大学時代の恥ずかしいテープ(笑)をデジタル化することだったのですが。

続きを読む "環境改善をしよう(5)"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

iPod nano その後

私が買った次の週に、ちょっとネットサイトを覗くと、4GBは既に売り切れ。ちなみに今日現在でもそのサイトでは売り切れ状態で、「生産が追いつかない」ってのはこういう事を言うんだろうなあと、変な実感。
一昔前は、欠品なんて、収益機会の損失ということで、経営陣からどえらく怒られるような事態だったはずだけどなあ。実質競争相手がいないから、品薄を利用して定価で売れた方がいいということなのかな。

ともあれ、我が家にipod nano (4GB白)が届いた。まるで化粧品か装飾品が入っているかのような黒の箱。CD-ROMやイヤホンなども、安っぽい透明ビニールに入ってないし、このあたりの演出は上手いなあと思う。裏の鏡面仕上げも雰囲気を盛り上げている。
その箱の中央に鎮座ましますのは、色白のnano様。よくわからないので、保護フィルムをとりあえずはがさずに使うことにした。どうやらこの選択は良かったらしい。保護フィルムを貼らないと(特に液晶部分が)傷だらけになり、で保護シールを貼るのだけど埃が入ってしまうため、風呂場で裸になって貼り付け作業をした、という笑い話があるようで。

続きを読む "iPod nano その後"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧